金子裕 (脚本家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金子 裕(かねこ ゆたか、1946年4月20日 - )は、脚本家演出家東京都出身。現在は引退している[1]

息子は映画監督・脚本家の金子遊[2]

人物[編集]

東京都で2人兄妹の兄として出生。高校の頃は日活映画に熱中して映画の仕事を志すようになる[3]早稲田大学在学時に早稲田大学映画研究会に所属[1]。同期に脚本家の荒井晴彦[4]桜井正明[5]。脚本作りを始め、雑誌の編集やルポライターを経験した後に20代後半のとき、先輩の草川隆の紹介によりテレビアニメ巨人の星』で脚本家になった[1][3][6]。当初は東京ムービーのアニメーションを中心に脚本を手がけたが、その後『太陽にほえろ!』に参加。以降は東宝製作の刑事・アクションものを中心に、ドラマの脚本も多く手がける。引退するまでの間に1,000本近くの脚本を担当した[1]。代表作は『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』『ハロー!グッバイ』『刑事貴族』など。

今野覚(こんやかく)のペンネームでは主にピンク映画を執筆し、「漫画キック」「リイドコミック」では漫画の原作も行った[7]

「脚本家としての醍醐味は、自分ならではの視点で登場人物を動かせること」と語っており、『太陽にほえろ!』第543話「すりへった靴」ではプロデューサーに絶賛された[1]

最も印象に残った作品として『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』を挙げており、全155本中約40本担当している[1]。手掛けた作品の中では第58話「国境は別れの顔」が最も人気を得ている。放送当時は「作品のイメージを壊す」としてスタッフに怒られたが、金子は「脚本作りの面白さを再認識させてくれた作品」と語っている[1]

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

単発2時間ドラマ[編集]

  • グルメを愛する10の方法
  • 地下鉄最終列車殺人事件
  • 幸福の死角
  • 寝台特急「ゆうづる」の女
  • 隅田川花火殺人事件
  • 偽装結婚・愛は国境を越えて

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g “ルパン三世”脚本家が指南”. タウンニュース (2015年2月20日). 2015年2月20日閲覧。
  2. ^ 金子裕 (2010年10月31日). “宣伝ですが、”. ネコも歩けば・・・(酔中日記). 2013年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月3日閲覧。
  3. ^ a b 市立図書館に脚本家として手掛けたアニメやドラマの脚本などを寄贈した金子 裕(ゆたか)さん 東大竹在住 70歳 タウンニュース伊勢原版2016年7月22日号
  4. ^ 飯岡順一『私の「ルパン三世」奮闘記 アニメ脚本物語』河出書房新社、2015年、pp.48-29
  5. ^ 佐伯俊道「終生娯楽派の戯言 第九回 いきなりの犯罪者」『シナリオ』2013年2月号、p.64
  6. ^ 辻真先氏 ネコも歩けば・・・(酔中日記)(2004年8月14日)
  7. ^ 金子裕「シナリオ寄贈ネコも歩けば・・・(酔中日記) 2016年7月16日 2021年9月7日閲覧

外部リンク[編集]