金子義昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 義昭(かねこ よしあき、1940年 - )は、日本官僚

人物[編集]

1963年昭和38年)、大蔵省入省。同期に、西村吉正(銀行局長)、小村武JT会長、大蔵事務次官)、日高壮平(国税庁長官)、龍宝惟男オーミケンシ社長)、川嶋烈茨城銀行頭取)、米沢潤一政策研究院大教授、日銀理事、関税局長)、石坂匡身損保協会副理事長、環境次官、理財局長)、田中寿(造幣局長)ら。

学歴[編集]

経歴[編集]

  • 1963年 - 大蔵省入省(主計局総務課)
  • 1965年 - 大阪国税局調査部
  • 1966年 - 留学(イギリスヨーク大学
  • 1968年 - 大臣官房調査企画課
  • 1969年 - 岡崎税務署長
  • 1970年 - 関税局国際課長補佐
  • 1972年 - 関東信越国税局総務部総務課長
  • 1974年 - 理財局国債課長補佐
  • 1976年 - 国際金融局短期資金課長補佐
  • 1978年 - 外務省研修所
  • 1979年 - OECD代表部一等書記官、参事官
  • 1982年 - 国際金融局投資第二課長
  • 1983年 - 国際金融局企画課長
  • 1984年 - 国際金融局短期資金課長
  • 1986年 - 国際金融局金融業務課長
  • 1987年 - 国際金融局総務課長
  • 1988年 - 外務省在米国日本大使館公使
  • 1991年 - 大臣官房審議官(証券局担当)
  • 1992年 - 日本銀行政策委員会大蔵省代表委員
  • 1993年 - 東京証券取引所顧問、常務理事
  • 1997年 - 東京証券取引所専務理事
  • 2001年 - 社団法人投資信託協会副会長、専務理事
  • 2008年 - JPモルガン証券株式会社顧問