金子文子と朴烈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金子文子と朴烈
박열
監督 イ・ジュンイク朝鮮語版
脚本 ファン・ソング
製作 イ・ジョンセ
ショーン・キム
製作総指揮 キム・ジンソン
出演者 イ・ジェフン
チェ・ヒソ朝鮮語版
音楽 パン・ジュンソク
撮影 パク・ソンジュ
編集 キム・ジョンフン
配給 日本の旗太秦
公開 大韓民国の旗2017年6月28日
日本の旗2019年2月16日[1]
上映時間 128分[2]
製作国 大韓民国の旗 韓国[2]
言語 朝鮮語日本語
テンプレートを表示

金子文子と朴烈』(かねこふみことパクヨル)は、朝鮮日本で活動した民族主義朴烈と朴に共鳴した日本人女性金子文子を描いた韓国歴史映画伝記映画である。

1923年関東大震災朝鮮人虐殺事件朴烈事件がとりあげられている[2]2017年6月28日韓国で劇場公開され、1週間足らずで観客動員数100万人を記録した[3]。日本では2018年3月9日に第13回大阪アジアン映画祭にて『朴烈 植民地からのアナキスト』の邦題で初公開[4]後、2019年2月に『金子文子と朴烈』と改題されて一般公開された。

出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]