金子康子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 康子(かねこ やすこ、1957年 - )は、日本生物学者である。埼玉大学教育学部教授。植物細胞の分化過程における細胞内構造の変化と機能変化を研究。絶滅危惧水生食虫植物ムジナモの保全と水環境の評価についても研究。

略歴[編集]

  • 1981年 埼玉大学理学部卒業
  • 1983年 埼玉大学大学院理学研究科修士課程修了。理学修士。
  • 1987年 ウィスコンシン大学博士課程植物学研究科修了。Ph.D
  • 1987年 埼玉大学理学部助手
  • 1995年 埼玉大学理学部助教授
  • 2006年 埼玉大学教育学部助教授
  • 2011年 埼玉大学教育学部教授

著書[編集]

  • 『ぼくらは「生物学」のおかげで生きている』, 金子康子・日比野拓(共著), 実務教育出版 , 2015

論文[編集]

  • 「 "vitrification"に伴う微細構造の変化」(共著),日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集 29, 368, 1989
  • "The maize brittle 1 gene encodes amyloplast membrane polylpeptides" , (共著), Planta,196:477-484, 1995
  • "Comparison of ultrastructure of germinating pea leaves prepared by high-pressure freezing-freeze substitution and conventional chemical fixation" , (共著), J.Electron Microsc.44: 104-109, 1995
  • "Plastid biogenesis in embryonic pea leaf cells during early germination " , (共著), Protoplasma,195: 59-67, 1996
  • "Cellular origin and ultrastructural changes of regenerating shoots from tobacco (Nicotiana tabacum) internodes cultured in vitro" , (共著), Physiol.Plant.99: 523-528, 1997
  • "Ultrastructure of Germinating Pea Leaves Prepared by High-Pressure Freezing" , PLANT MORPHOLOGY 12(1), 10-19, 2000
  • 「ウリ科植物の進化に果たした重力形態形成の役割に関する研究 -ペグ細胞の発達と重力感受機構」(共著),宇宙基地利用基礎実験費研究成果報告書 (1999年度), 288-291, 2000
  • 「高圧凍結法を用いたエンドウ幼芽の細胞内微細構造化の観察」,電子顕微鏡 35, 119, 2000
  • 「水生食虫植物ムジナモの消化・吸収と微細構造」,MaLS FORUM (1), 25-27, 2003
  • "Simple plunge freezing applied to plant tissues for capturing the ultrastructure close to the living state" , Journal of electron microscopy 53(6), 2004
  • 「Hilbert微分電子顕微鏡による細胞内ナノ構造のin vivo観察」(共著),生物物理 44(SUPPLEMENT 1), S178, 2004
  • "In vivo subcellular ultrastructures recognized with Hilbert differential contrast transmission electron microscopy" , Journal of electron microscopy 54(1), 2005
  • 「バクテリアにおける核酸の観察」(共著),日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集 (46), 48, 2005
  • 「氷包埋シアノバクテリアの電子顕微鏡観察」(共著),生物物理 45(SUPPLEMENT 1), S117, 2005
  • 「自然絶滅植物ムジナモ再自然化に向けた生態工学的研究」(共著),埼玉大学工学部紀要 第一部 論文集 41, 42-44, 2007
  • "Troubleshooting in specimen preparation of plants" , 顕微鏡 42(1), 23-25, 2007
  • 「位相差電子顕微鏡による氷包埋シアノバクテリア細胞内の核酸の観察」(共著),生物物理 47(SUPPLEMENT 1), S273, 2007
  • 「花の色・香り・質感を長期間保持する方法の開発」(共著),埼玉大学地域オープンイノベーションセンター紀要 1, 1, 2008
  • "Induction of ultrastructural specialization for ureide metabolism in non-nodule soybean tissues cultured in vitro" , PLANT SCIENCE 175(6), 833-838, 2008
  • "Visualization of BrdU-labelled DNA in cyanobacterial cells by Hilbert differential contrast transmission electron microscopy" , JOURNAL OF MICROSCOPY-OXFORD 234(2), 118-123, 2009
  • "Co-localisation of membranes and actin in growing infected cells of Glycine max root nodules" , PLANT BIOLOGY 11(4), 555-560, 2009
  • 羽生市宝蔵寺沼ムジナモ自生地緊急調査」,埼玉大学地域オープンイノベーションセンター紀要 2, 1, 2010
  • 「低温・低真空走査電子顕微鏡による植物組織・細胞の観察」,CACS FORUM 1, 27-28, 2010
  • "Ultrastructure of compacted DNA in cyanobacteria by high-voltage cryo-electron tomography" , Kazuyoshi Murata, Sayuri Hagiwara, Yoshitaka Kimori & Yasuko Kaneko , Scientific Reports , 2016

受賞[編集]

  • 2007年 Journal of Electron Microscopy 医学・生物学部門最優秀論文賞

専門分野[編集]

  • 植物細胞生物学
  • 形態形成学