金子宣隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子宣隆(かねこ のぶたか、1979年5月12日 - )は北海道小樽市出身の陸上競技選手。専門は長距離走大東文化大学卒業、富士通佐川急便で実業団を経て引退後、2008年よりTOTOでコーチをしている。

経歴[編集]

 小樽市立北山中学校を経て、

  • 1995年 -東海大学付属第四高等学校入学。
  • 1998年 - 大東文化大学に進学し、箱根駅伝では1年生ながら6区で59分58秒、区間3位になる。
  • 2000年 - 箱根駅伝の6区で59分47秒の区間4位になる。
  • 2001年 - 箱根駅伝の6区で58分21秒の区間新を樹立。この記録は第87回大会駒澤大学千葉健太に破られるまで10年間区間記録として残っていた。
  • 2002年 - 箱根駅伝の6区で59分04秒の区間賞で区間新樹立はならなかったが、史上初4年連続で1時間切りを果たした。
  • 2002年 - 富士通陸上競技部に加入(4月)。
  • 2005年 - 4月に佐川急便へ移籍[1]
  • 2008年 - 2月11日に行われた姫路城ロードレースを最後に選手生活に別れを告げた[2]。その後TOTO女子陸上競技部コーチとなった[1]

箱根駅伝の成績[編集]

※6区 20.7km

成績
学年 タイム 年・区間順位 備考
1 59分58秒 75回(1999年)・区間3位 同じ20.7kmだが、コース自体は前のコース
2 59分47秒 76回(2000年)・区間4位 この年から、距離は変わらないがコース変更
3 58分21秒 77回(2001年)・区間新 10年間破られることのなかった区間記録
4 59分04秒 78回(2002年)・区間賞 4年連続60分切り

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 頑張れ!大東OB 2009年9月13日閲覧
  2. ^ 姫路城ロードレース大会 佐川急便陸上競技部HP