金子俊男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 俊男 (かねこ としお、1929年 - 2006年4月29日)は、日本新聞記者樺太豊原市出身。

北海タイムス社に勤務し社会部長や編集委員を歴任した。

退職後の1972年真岡郵便電信局事件など樺太における終戦史をまとめた『樺太一九四五年夏』を講談社より出版した。

2006年4月29日、直腸ガンのため死去。

著書[編集]

関連項目[編集]