金子之史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 之史(かねこ ゆきぶみ、1944年 - )は、日本の哺乳類学者。香川大学名誉教授[1]。 専門は日本内外に棲息する家ネズミ、野ネズミである。

人物[編集]

1944年千葉県出身。1967年京都大学理学部動物学科卒業。1972年京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。香川大学教育学部教授、理学博士。 1974年 京都大学 理学博士 論文の題は「ハタネズミの繁殖,成長,および地理的変異」[2]

著書[編集]

  • 阿部永石井信夫伊藤徹魯、金子之史、前田喜四雄三浦慎悟米田政明(著) (2008), 自然環境研究センター(編), ed., 日本の哺乳類 改訂2版 阿部永(監修), 東海大学出版会, ISBN 9784486018025, NCID BA86365346 
  • 金子之史(著) (2006), ネズミの分類学 生物地理学の視点, 東京大学出版会, ISBN 978-4-13-060188-1{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。 

論文[編集]

賞詞[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 環境省自然環境局野生生物課 (2010-03). “執筆”. In 環境省自然環境局野生生物課 (pdf). 改訂レッドリスト付属説明資料哺乳類. 環境省自然環境局野生生物課. p. 1.  http://www.biodic.go.jp/rdb/explanatory_pdf/21mam.pdf
  2. ^ 博士論文書誌データベース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]