金城次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 きんじょう じろう
 金城 次郎
生誕 1912年
沖縄県
死没 2004年
職業 陶芸家
子供 娘1人 息子2人
金城次郎 線彫魚紋大皿(1967)

金城 次郎(きんじょう じろう、1912年大正元年)12月3日 - 2004年平成16年)12月24日)は那覇市生まれの陶芸家。国の重要無形文化財「琉球陶器」技能保持者(沖縄県で初の人間国宝)。子の須美子、孫の宮城三成も陶芸家。

略歴[編集]

経歴[編集]

濱田庄司の助手[2]

河井寛次郎によると「珍しいくらい良く出来たひと、彫ったり描いたりする模様も上手く、陶芸の仕事で出来ないものはない。[3]

濱田庄司によると「次郎は考えないでつくる」。金城次郎によると「僕だって、考えておるさ[4]

70歳で脳梗塞で倒れた金城次郎に濱田庄司は「もう次郎は何をつくってもよい」といたわった[5]

金城次郎の皿に隙間なく並ぶ魚のデザインを見て閉口した濱田庄司は「これでは魚があんまり多くて息苦しそうだ」と述べている[6]

濱田庄司は金城次郎を目利きの多い東京で紹介したいという思いは1970年東京三越本店「沖縄壺屋三人展」の陳列時に、金城次郎の秀作に最も高い値段をうけるように濱田庄司は指示している[7]

評伝[編集]

  • 『沖縄の陶工 人間国宝 金城次郎』 大塚清吾・写真、日本放送協会出版、1988年
  • 松井健『金城次郎とヤチムン 民藝を生きた沖縄の陶工』 榕樹書林「がじゅまるブックス」 2016年

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-91240.html
  2. ^ (松井健『金城次郎とヤチムン 民藝を生きた沖縄の陶工』 榕樹書林「がじゅまるブックス」 2016年)
  3. ^ (松井健『金城次郎とヤチムン 民藝を生きた沖縄の陶工』 榕樹書林「がじゅまるブックス」 2016年)
  4. ^ (松井健『金城次郎とヤチムン 民藝を生きた沖縄の陶工』 榕樹書林「がじゅまるブックス」 2016年)
  5. ^ (松井健『金城次郎とヤチムン 民藝を生きた沖縄の陶工』 榕樹書林「がじゅまるブックス」 2016年)
  6. ^ (松井健『金城次郎とヤチムン 民藝を生きた沖縄の陶工』 榕樹書林「がじゅまるブックス」 2016年)
  7. ^ (松井健『金城次郎とヤチムン 民藝を生きた沖縄の陶工』 榕樹書林「がじゅまるブックス」 2016年)

外部リンク[編集]