金国栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金国栄 Portal:陸上競技
Kim Kuk-young Rio 2016b.jpg
選手情報
ラテン文字 Kim Kukyoung
国籍 大韓民国の旗 韓国
競技 陸上競技短距離走
種目 100m
大学 大韓民国の旗 朝鮮大学校
生年月日 (1991-04-19) 1991年4月19日(30歳)
出身地 大韓民国の旗 京畿道, 安養市
身長 176cm[1]
体重 73kg
成績
オリンピック 100m:予選8組7着(2016年
世界選手権 100m:準決勝1組8着(2017年
4x100mR:予選1組6着(2013年
地域大会決勝 アジア大会
100m:8位(2018年
200m:4位(2018年)
4x100mR:5位(2018年)
アジア選手権
100m:6位(2019年)
4x100mR:4位(2013年)
自己ベスト
60m 6秒82(2015年)
100m 10秒07(2017年)韓国記録
10秒03w(2017年)
200m 20秒51(2018年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

金 国栄(キム・グクヨン、キム・クキョン、キムクギョン、キムグギョン、Kim Kukyoung、1991年4月19日 - )は、韓国安養市出身の陸上競技選手。専門は短距離走100mで、自己ベストは10秒07の韓国記録保持者である。

経歴[編集]

2001年6月の全国少年体育大会男子80mでは優勝できなかったものの、初の全国大会で6位に入った[2]

2010年6月7日の韓国選手権男子100m予選で10秒31をマークし、1979年に徐末九が樹立した10秒34の韓国記録を31年ぶりに塗り替えた。勢いに乗った金国栄は準決勝でも自身の韓国記録を更新する10秒23(+2.0)をマークし、韓国人として初めて10秒3の壁を突破した。金国栄はレース後に「9秒99も出せると思う」と、韓国人初の9秒台へ自信をのぞかせた[3]

2011年8-9月に地元韓国で開催された大邱世界選手権に出場したが、男子100mは予選でフライングの失格となった。3走を務めた男子4×100mリレーでは予選において38秒94の韓国新記録を樹立したが、リレーメンバーだった臨熙南のドーピング違反により失格となった[4]

2014年7月6日に日中韓3カ国交流陸上に出場すると、男子100mは自身の韓国記録に0秒01差と迫る10秒24(+1.0)で2位に入り、3走を務めた男子4×100mリレーは38秒74の韓国新記録を樹立して優勝した。

2015年7月に地元韓国で開催された光州ユニバーシアードに出場すると、男子100mの準決勝で10秒16(+1.8)をマークし、5年ぶりに自身の韓国記録を0秒07塗り替えた[5]

2016年8月13日のリオデジャネイロオリンピック男子100m予選では、韓国勢としてこの種目に1996年アトランタ大会以来20年ぶりとなる出場を果たしたが、結果は10秒37(-1.3)の組7着に終わった[6]

2017年6月25日のKBS杯全国陸上競技大会男子100mで自身の持つ韓国記録(10秒16)を更新する10秒13(+0.2)、追い風参考記録ながら10秒07(+3.6)と2レース続けて好タイムをマーク[7]。27日のコリアオープン国際陸上競技大会男子100m決勝では2日前の記録を0秒06更新するとともに、ロンドン世界選手権の参加標準記録(10秒12)を突破する10秒07(+0.8)をマークした[8]

2017年8月4日のロンドン世界選手権男子100m予選で10秒24(+0.9)をマークし、着順での予選突破となる組3着(全体24位)に入った[9]オリンピック世界選手権を通じて、100mでの準決勝進出は女子も含め韓国史上初の快挙となったが[10][11][12]、翌日の準決勝は10秒40(-0.5)とタイムを落とし敗退した[13]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒07 (+0.8) 2017年6月27日 大韓民国の旗 旌善 韓国記録
10秒03w (+3.4) 2017年10月22日 大韓民国の旗 忠州市 追い風参考記録
200m 20秒51 (+0.3) 2018年6月28日 大韓民国の旗 旌善郡
室内
60m 6秒82 2015年2月26日 大韓民国の旗 大邱

主な成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2008 アジアジュニア選手権 (en インドネシアの旗 ジャカルタ 100m 準決勝 10秒68 (+0.7)
200m 予選 91秒38 (+0.1)
2009 アジア選手権 (en 中華人民共和国の旗 広州 100m 予選 10秒81 (-1.0)
4x100mR 6位 39秒86 (1走)
東アジア大会 (en 中華人民共和国の旗 香港 100m 予選 10秒79
2010 世界ジュニア選手権 カナダの旗 モンクトン 100m 準決勝 11秒05 (-0.7)
アジア大会 中華人民共和国の旗 広州 100m 準決勝 10秒51 (+0.7)
4x100mR 予選 DQ (3走)
2011 アジア選手権 日本の旗 神戸 100m 準決勝 10秒73 (0.0)
4x100mR 6位 39秒85 (1走)
世界選手権 大韓民国の旗 大邱 100m 予備予選 DQ フライング
4x100mR 予選
失格
38秒94 (3走)
DQ
韓国記録
リレーメンバーのドーピング
2013 アジア選手権 インドの旗 プネー 100m 予選 DQ フライング
4x100mR 4位 39秒18 (4走)
世界選手権 ロシアの旗 モスクワ 4x100mR 予選 39秒00 (4走) 韓国記録
2014 アジア大会 大韓民国の旗 仁川 100m 準決勝 10秒35 (+1.2)
4x100mR 決勝 DQ (4走) オーバーゾーン
2015 アジア選手権 中華人民共和国の旗 武漢 100m 準決勝 10秒47 (+0.7)
4x100mR 予選 40秒42 (4走)
ユニバーシアード (en 大韓民国の旗 光州 100m 6位 10秒31 (0.0) 準決勝10秒16 (+1.8):韓国記録
200m 1次予選 DNF
4x100mR 予選 39秒75 (3走) 決勝進出[14]
世界選手権 中華人民共和国の旗 北京 100m 予選 10秒48 (-0.1) 全体43位
2016 オリンピック ブラジルの旗 リオデジャネイロ 100m 予選 10秒37 (-1.3) 全体51位
2017 世界選手権 イギリスの旗 ロンドン 100m 準決勝 10秒40 (-0.5) 全体23位
2018 アジア大会 インドネシアの旗 ジャカルタ 100m 8位 10秒26 (+0.8)
200m 4位 20秒59 (+0.7)
4x100mR 5位 39秒10 (3走)
2019 アジア選手権 カタールの旗 ドーハ 100m 6位 26秒22 (+1.5)
4x100mR 予選 39秒22 (1走) 決勝進出[15]

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール”. リオデジャネイロオリンピック公式サイト. 2016年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月16日閲覧。
  2. ^ <陸上>あと0.08秒で9秒台…キム・グギョン、100メートルで韓国新記録”. 中央日報 (2017年6月28日). 2017年8月6日閲覧。
  3. ^ 陸上:31年ぶり韓国記録更新=男子100メートル”. 朝鮮日報. 2010年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月21日閲覧。
  4. ^ 再び脚光を浴びたボルト、ロンドン五輪で4冠へ”. フランス通信社 (2011年12月26日). 2015年1月21日閲覧。
  5. ^ 光州ユニバ 陸上男子100メートルで韓国新記録”. 朝鮮日報 (2015年7月9日). 2015年7月9日閲覧。
  6. ^ 五輪陸上 100m金国栄が予選敗退”. 聯合ニュース (2016年8月14日). 2016年8月15日閲覧。
  7. ^ senior outdoor 2017 100 Metres men”. 国際陸上競技連盟. 2017年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月27日閲覧。
  8. ^ 陸上:男子100mキム・グクヨン10秒07、9秒台へ高まる期待”. 朝鮮日報 (2017年6月28日). 2017年6月28日閲覧。
  9. ^ 2017年世界選手権男子100m予選サマリー”. 国際陸上競技連盟 (2017年8月6日). 2017年8月6日閲覧。
  10. ^ Rio 2016 Olympic Games Athletics Statistics Handbook (ebook) / BEST NATIONAL PLACINGS参照 (P.317とP.341参照)”. 国際陸上競技連盟 (2017年8月6日). 2017年8月6日閲覧。
  11. ^ IAAF World Championships London 2017 statistics handbook (ebook) / BEST NATIONAL PLACINGS (P.627とP.758参照)”. 国際陸上競技連盟 (2017年8月6日). 2017年8月6日閲覧。
  12. ^ キム・グギョン、10秒24…「韓国初」世界陸上100m準決勝へ”. 中央日報 (2017年8月5日). 2017年8月6日閲覧。
  13. ^ 2017年世界選手権男子100m準決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟 (2017年8月6日). 2017年8月6日閲覧。
  14. ^ 決勝は未出場。決勝の韓国は41秒70で6位。
  15. ^ 決勝の韓国は棄権。

外部リンク[編集]

記録
先代:
徐末九
(10秒34)
1979年
男子100m
韓国記録保持者
(10秒31 - 10秒07)

2010年6月7日 -
次代:
未定