金原左門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金原 左門(きんばら さもん、1931年3月22日 - 2018年1月31日)は、日本の社会学者、中央大学名誉教授。日本近代政治史、文化史が専門。

人物・経歴[編集]

静岡県浜松市生まれ。1954年東京教育大学文学部社会科学科卒業。1960年同大学大学院博士課程単位取得退学。 1960年東京教育大学附属高等学校教諭、1963年中央大学法学部講師、助教授、1970年教授。2001年定年退職、名誉教授。2012年秋、瑞宝中綬章受章[1]

著書[編集]

  • 『現代日本の政党』内田老鶴圃 1963年(老鶴圃新書)
  • 『大正デモクラシーの社会的形成』青木書店 1967年(歴史学研究叢書)
  • 『「日本近代化」論の歴史像 その批判的検討への視点』中央大学出版部 1968年
  • 『大正期の政党と国民 原敬内閣下の政治過程』塙選書 1973年
  • 『昭和の歴史 第1巻 昭和への胎動』小学館 1983年、同・文庫 1988年、小学館ライブラリー 1994年
  • 『地域をなぜ問いつづけるか 近代日本再構成の試み』中央大学出版部 1987年
  • 福沢諭吉福住正兄 世界と地域の視座』吉川弘文館歴史文化ライブラリー)1997年
  • 『小田原の文化をよみなおす』夢工房 1998年
  • 『「近代化」論の転回と歴史叙述 政治変動下のひとつの史学史』中央大学出版部 2000年
  • 坂口安吾三好達治 小田原時代』夢工房 2001年(小田原ライブラリー)
  • 『日本近代のサブ・リーダー 歴史をつくる闘い』日本経済評論社 2005年
  • 『相模の美酒と福澤諭吉 「近代化」のビジョンを求めて』日本経済評論社 2010年
  • 『遠野のいまと昔 もうひとつの『遠野物語』を歩いて』有志舎 2015年

共編著[編集]

  • 『近代化と人間の諸問題』堀江信男共編 中央大学出版部(UL双書)1974年
  • 『茨城の近代史』塙作楽[2]共編著 東風出版 1974年
  • 『日本民衆の歴史 7 自由と反動の潮流』 三省堂 1975年
  • 『昭和史 国民のなかの波瀾と激動の半世紀』竹前栄治共編 有斐閣選書 1982年、増補版1989年
  • 『戦後史の焦点 昭和現代のドラマの舞台裏』有斐閣選書 1985年
  • 『歴史科学大系 第24巻 農民運動史』校倉書房 1991年
  • 『近代日本の軌跡 4 大正デモクラシー』 吉川弘文館 1994年
  • 『日本議会史録』内田健三古屋哲夫共編 第一法規(全6巻)、1991年

脚注[編集]

  1. ^ 「秋の叙勲」『読売新聞』2012年11月3日朝刊
  2. ^ 岩波書店編集者、後年は郷土史家(1913-1990)