金井誠太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かない せいた
金井 誠太
生誕 (1950-01-17) 1950年1月17日(70歳)
出身校 東京工業大学工学部機械工学科
職業 実業家

金井 誠太(かない せいた、1950年1月17日 - )は、日本自動車技術者実業家マツダ株式会社相談役[1]。在広島メキシコ合衆国名誉領事[2][3]

来歴・人物[編集]

広島県出身。広島大学附属高等学校を経て[4]東京工業大学工学部卒業後、1974年に東洋工業(現在のマツダ)に入社。一貫して開発畑を歩み、チーフエンジニアを務め2002年に発売された初代アテンザは132の賞を受賞し、世界的に高い評価を得た[5]。2010年に発表されたSKYACTIV TECHNOLOGYの開発も指揮し、マツダ車の全ての要素を刷新した。2014年に代表取締役会長に就任し、2018年に退任[6]。座右の銘は「敬天愛人」[7]マツダ財団理事長[8]蔵前工業会広島県支部長なども務めた[9]

経歴[編集]

  • 1974年 - 東京工業大学工学部卒業後、東洋工業に入社
  • 1996年 - 車両先行設計部長
  • 1999年 - 主査本部主査
  • 2000年 - 第2プラットフォーム・プログラム開発推進室 統括主査
  • 2002年 - 車両コンポーネント開発本部長
  • 2003年 - 執行役員 車両コンポーネント開発本部長、商品開発担当補佐
  • 2004年 - 常務執行役員 車両開発・開発管理担当
  • 2005年 - 常務執行役員 研究開発担当
  • 2006年 - 取締役専務執行役員 研究開発担当
  • 2007年 - 取締役 専務執行役員研究開発担当、株式会社マツダE&T代表取締役社長
  • 2009年 - 取締役 専務執行役員研究開発・プログラム開発推進・パワートレイン開発担当、株式会社マツダE&T代表取締役社長
  • 2010年 - 取締役 専務執行役員研究開発・プログラム開発推進担当、株式会社マツダE&T代表取締役社長
  • 2011年 - 代表取締役 副社長執行役員社長補佐、技術領域・品質統括、モノ造り推進・R&Dリエゾン室担当
  • 2013年 - 代表取締役 副会長、マツダ財団理事長[10]
  • 2014年 - 代表取締役 会長
  • 2018年 - 相談役

脚注[編集]

  1. ^ “【図解・経済】リーマン・ショック10年・リーマン・ショック時の輸出と生産動向(2018年9月)”. 時事通信社. (2018年9月14日). https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_general20180908j-09-w410 2019年6月30日閲覧。 
  2. ^ 在広島メキシコ合衆国名誉領事に金井誠太 代表取締役 副社長執行役員が就任” (2019年6月25日). 2018年6月26日閲覧。
  3. ^ 駐日外国公館リスト 中南米 外務省”. 外務省 (2019年6月25日). 2019年6月30日閲覧。
  4. ^ 令和の「母校」広大付属 初の女性校長が導く新時代NIKKEI STYLE2019年08月11日11時00分
  5. ^ マツダ アテンザ 新車発表会速報”. 2013年12月9日閲覧。
  6. ^ “【MAZDA】代表取締役および役員の異動に関するお知らせ” (プレスリリース), マツダ株式会社, (2013年5月9日), http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2018/201805/180511a.html 2018年6月26日閲覧。 
  7. ^ 大学キャンパス出張授業~経営トップが語るクルマの魅力~”. 2013年12月9日閲覧。
  8. ^ マツダ研究助成贈呈式開催奈良先端科学技術大
  9. ^ 今 - 蔵前工業会
  10. ^ 財団のあゆみマツダ財団

外部リンク[編集]

先代:
山内孝
マツダ会長
2014年 - 2018年
次代:
小飼雅道
先代:
山内孝
マツダ財団理事長
2013年 - 2018年
次代:
小飼雅道