金井章次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金井 章次(かない しょうじ、1886年明治19年)12月1日[1] - 1967年昭和42年)12月3日[1])は、日本の医師、官僚。蒙古聯合自治政府最高顧問。旧姓は倉島。

経歴[編集]

長野県小県郡神科村(現上田市)で、倉島称平の四男[1]として生まれ。旧上田藩士・金井広治の養子[1]となる。旧制上田中学(長野県上田高等学校)、第二高等学校東京帝国大学医学部卒業。1912年同郷の山極勝三郎の病理学研究室に入り、1914年北里研究所に移籍。1920年ロンドン大学に留学、ついで1922年国際連盟事務局保健部に勤務。日本人の海外における風土馴化を研究し、1924年帰国して慶應義塾大学教授。

1930年南満州鉄道の招きで満州に渡り、満州青年連盟理事長代理となる。1931年満州国が成立すると奉天省治安維持会最高顧問を皮切りに、奉天省総務庁長、浜江省総務庁長、北満特区総務所長、間島省長などを歴任する。1937年日中戦争が勃発すると蒙古聯合自治政府の最高顧問となる。

1940年には太平洋戦争の開戦問題で軍部と対立して帰国したが、常に憲兵の監視下に置かれ1944年には上田に帰郷。戦後公職追放を経て、『信濃毎日新聞』に蒙古聯合自治政府成立に関する連載を寄稿したり上田紬の復興・保存に尽力したりした。

著書[編集]

  • 『満蒙行政瑣談』創元社、1943年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『日本近現代人物履歴事典』156頁。

参考文献[編集]

  • 坂本令太郎『近代を築いたひとびと 5』信濃路、1978年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。

外部リンク[編集]