金井新二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金井 新二(かない しんじ、1942年 - )は、日本の宗教学者東京大学名誉教授。北星学園大学名誉教授。

来歴[編集]

早稲田大学第一法学部、東京神学大学神学部卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学、筑波大学講師、83年「「神の国」思想の現代的展開 -社会主義的・実践的キリスト教の根本構造」で筑波大文学博士。84年東大文学部助教授(宗教学)、91年教授、人文社会系研究科教授、2004年定年退官、名誉教授北星学園大学文学部教授、2006年北星学園大学・同短期大学部学長。2012年退職。名誉教授。

専門分野は宗教現象学キリスト教思想史。大学では主に宗教学宗教史学を中心に教鞭をとった。日本宗教学会理事を務めるほか、宗教倫理学会研究プロジェクト、新宗連宗教法人研究会・拡大宗法研で講演を実施するなど、各地で活動を行っている。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『「神の国」思想の現代的展開―社会主義的・実践的キリスト教の根本構造』1982年 教文館 
  • ウェーバーの宗教理論 東京大学出版会, 1991.6.
  • 『現代宗教への問い―宗教ブームからオウム真理教へ』1997年 教文館 

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 『異端の時代―現代における宗教の可能性』ピーター・L.バーガー 薗田稔共訳 1987年 新曜社 
  • 宗教社会学. 1-2 J.M.インガー ヨルダン社, 1989-94

門下生[編集]

外部リンク[編集]

先代:
大友浩
北星学園大学学長
第10代:2006年 ‐ 2012年
次代:
田村信一