金サッカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「金삿갓」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
金 炳淵
生誕 1807年3月13日
京畿道楊州(推定)
死没 (1863-03-29) 1863年3月29日(56歳没)
全羅道和順同福
(埋葬地:江原道寧越郡金サッカ面(旧 下東面)臥石里)
配偶者 前妻(正室):長水黄氏、後妻(側室):慶州崔氏
子供 長男:翯均(兄 金炳河の許へ養子)、次男:翼均、三男(庶子):英圭
金 サッカ
各種表記
ハングル 김삿갓
漢字 金笠
発音: キム・サッカッ(イプ、ニプ)
日本語読み: きん・さっかっ(りゅう)
ローマ字 Gim Satgat
マッキューン=ライシャワー式 Kim Sakkat
各種表記(本名)
ハングル 김병연
漢字 金炳淵
発音: キム・ビョンヨン
日本語読み: きん・へいえん
ローマ字 Gim Byeongyeon
マッキューン=ライシャワー式 Kim Pyŏngyŏn
テンプレートを表示

金 サッカ(きん・さっか、キム・サッカ、1807年純祖7年) - 1863年哲宗14年))は、朝鮮後期諷刺放浪詩人である。

人物・来歴[編集]

本名は金 炳淵(きん・へいえん、; 김병연、キム・ビョンヨン(ピョンヨン))、本貫安東金氏であり、性深(せいしん; 성심、ソンシム)、蘭皐[1](らんこう; 난고、ナンゴ)である。漢字で「金笠」と書いて、訓読式に「キム・サッカッ」、あるいは漢字音で「キム・ニプ(김립)」「キム・イプ(김입)」などと呼ばれることもある[2]。日本では「金笠」と書き、発音の繁雑さを避けて「サッカ」と呼ばれるのが一般的である[2](本記事でも以下、「金笠(キムサッカ)」に統一する)。サッカ(삿갓)とは「編み笠」の意で、彼が編み笠をかぶって全国を放浪したことに因む俗称である[3]

韓国においては、当意即妙で機知に富み、風流で自由奔放、諧謔に富んだ人生と作品には非常に人気があり、近年、小説やTVドラマでも盛んに取り上げられている[4][5]

朝鮮全土を放浪して数多くの作品を作り庶民から親しまれたが、多くは口伝てであり、散逸しつつあった[6]

日本統治下1939年李応洙によって初めて「金笠詩集」(京城学芸社〈朝鮮文庫〉)が編纂された。日本においては、その「金笠詩集」を、当時、朝鮮を旅行中だった三好達治が読み、「漂泊詩人金笠に就て」という評論を1941年に雑誌『文學界』4月号から5回にわたって発表[7]したほか、佐藤春夫が、金素雲の韓国詩訳詩集『乳色の雲』に寄せた序文「朝鮮の詩人等を日本詩壇に迎へんとするの辭」で彼に触れている[8]

世俗のしがらみから飛び出して、放浪しながら奔放な詩を作ったという点で、日本の良寛山頭火に比せられる[9]

その他[編集]

韓国の「この月の文化人物」に2002年9月に選ばれた。

彼の墓がある江原道寧越郡下東が、2009年10月20日に金サッカ面(ko:김삿갓면)に改称された。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 屈原の『楚辞』「離騒」の「步余馬於蘭皋兮,馳椒丘且焉止息(余が馬を蘭皐に歩ませ、椒丘に馳せてしばらく止息せん)」に基づく(崔碩義金笠キムサツカ詩選』「解説」の注2、351頁)。
  2. ^ a b 上掲『金笠詩選』、4頁。および崔碩義『放浪の天才詩人 金笠キム サッカ、19頁。
  3. ^ 上掲『放浪の天才詩人 金笠』、24頁
  4. ^ 上掲『放浪の天才詩人 金笠』、13頁。
  5. ^ 2001年韓国MBCのテレビドラマ商道にも主要人物ではないが登場する(参照:「金炳淵(キム・ピョンヨン)」、「商道 サンドの史実とドラマ」。
  6. ^ 上掲『金笠詩選』「三 金笠の研究について」、339-342頁
  7. ^ この評論は中絶しているが、それは1941年の早川の水害によって資料・ノート等を失ったからだということである(『三好達治全集』第七巻)。
  8. ^ 金素雲 『朝鮮詩集』 岩波書店岩波文庫〉赤72-1、1954年。ISBN 978-4-00-320721-5。(「解説」の225頁以下、この序の全文が収録されている)。
  9. ^ 上掲『放浪の天才詩人 金笠』、16-18頁。

参考文献[編集]

  • 三好達治『三好達治全集』第七巻、川上徹太郎ほか、筑摩書房、1965年。OCLC 672490694
  • 崔碩義『放浪の天才詩人 金笠キム サッカ集英社集英社新書〉、2001年。ISBN 978-4-08-720082-9
  • 崔碩義『金笠キムサツカ詩選』平凡社東洋文庫〉、2003年。ISBN 978-4-582-80714-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

また、以下のサイトが金サッカの漢詩作品の紹介・注解を行っている。