量子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

量子(りょうし、quantum)は、量子論量子力学などで顕れてくる、物理量の最小単位である。古典論では物理量は実数で表される連続だが、量子論では、「量子」と呼ばれるような性質を持った粒子である基本粒子素粒子に由来するものとして物理量は扱われる。そのため、たとえば電気量は電気素量の整数倍の値しかとらないものとなる。量子には、波のようにもふるまうこともあれば粒子のようにふるまうこともあるという、直感では一見不思議に思われるような性質(「粒子と波動の二重性」)がある(どちらが「本質」か、その「解釈」は、といったような問いは普通は無意味である)。

関連項目[編集]