野間吐史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野間 吐史(のま とし、1953年 - )は、日本漫画家アニメーター大阪府出身。本名は野間 敏徳(のま としのり)。

永島慎二に師事しながら、漫画家として週刊少年ジャンプガロで活躍する。その後、手塚プロダクションに入社し、アニメーターとして「鉄腕アトム」「火の鳥」の演出・作画監督を経験する。フリーとなってからはグルーパープロダクションマジックバスの作品を中心に参加。

現在は日本工学院専門学校蒲田校講師をしながら、自ら主宰する「パロマ舎」にて豆本を手掛けている。

漫画賞受賞歴[編集]

  • 1973年「ガロ」漫画賞入選(ねぼけ堂異聞)
  • 1975年第9回手塚賞佳作(イカズチ山の大事件)
  • 第10回手塚賞準入選(未来からきた御先祖さま)
  • 1976年第11回手塚賞佳作(鐘馗館の大決闘)
  • 第12回手塚賞準入選(たったふたりの反乱)

作品リスト[編集]

師匠[編集]

関連ページ[編集]