野良連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
野良連合
NORA-RENGO
愛称 野良連
呼称 nR
ゲーム
創設 2016年[1]
所在地 日本の旗 日本
運営法人 不明
代表者 不明
パートナー 不明
ウェブサイト www.norarengou.com

野良連合(のられんごう、略称:nR)は、国内外や国内のeスポーツシーンで活動する日本のプロゲーミングチーム。発足初期はPS4版レインボーシックス シージのチームとして活動[1]。2020年8月に発生した給与未払い騒動により、2021年4月以降、事実上の活動停止状態にある。

部門[編集]

Rainbow Six: Siege[編集]

歴史[編集]

2018年11月17日、Rogueを破り、「ESL Rainbow 6 Pro League Season8」の準決勝進出を果たし、「ESL Rainbow 6 Pro League」ベスト4に進出した最初のアジア太平洋チームとなった[2]。2019年2月、日本チームとして初めて世界大会「Six invitational」に出場。予選を突破し、本戦出場を飾り、世界best4となった。

主な戦績[編集]

  • 2017 Pro League Year 2 Season 3 Japan 1位
  • 2018 Pro League Season 7 Japan 1位
  • 2018 Pro League Season 7 Finals ベスト8
  • 2018 Six Major Paris 2018 9-12位
  • 2018 Six Masters 2018 2位
  • 2018 Pro League Season 8 Finals ベスト4
  • 2019 Six Invitational 2019 ベスト4

Overwatch[編集]

歴史[編集]

2017年2月11日~12日、闘会議2017で行われた「オーバーウォッチ国内最強決定戦」にて準決勝に進出するもMentaL BreaKに敗北し、ベスト4に[3][4]

Call of Duty[編集]

歴史[編集]

2020年2月28日、『Call of Duty』部門の解散を発表[5]

VALORANT[編集]

歴史[編集]

2020年5月6日、VALORANT部門の開設を発表。「RAGE VALORANT Invitational」ではSCARZ、CYCLOPS athlete gamingを破りBEST4。しかし「RAGE VALORANT JAPAN TOURNAMENT」「GALLERIA GLOBAL CHALLENGE 2020」ではグループステージ敗退。8月8日、部門解散を発表。

2021年3月25日、『VALORANT』部門の再結成を発表。韓国人選手、韓国人コーチを迎え入れ、韓国の競技シーンへ参戦するも「VCT: VALORANT Champions Tour 2021 Korea Stage 2」でグループステージ敗退。4月17日チームの公式Twitterにて僅か1ヵ月の活動でVALROANT部門のリリースを発表。2021年4月以降、活動停止。

給与未払い問題[編集]

経緯[編集]

2020年8月25日、野良連合のオーナーによる給与未払い疑惑や恫喝疑惑がSNSへの投稿により発覚。SNS上で拡散され、炎上騒ぎを起こした。野良連合は8月26日にTwitterにて、「事実が極めて大幅に誇張され」「捻じ曲げられております」とこれらの疑惑を否定。また、公式ホームページ上で「スポンサー・パートナー企業」として掲載されていた「オーディオ・テクニカ」「コナミ」ら7社のロゴが26日までにすべて消滅した[6]。スポンサー契約については、うち2社については「9月までの契約だった」と説明した[7]

8月30日、野良連合オーナーのKizoku氏が本人のTwitterにて代表辞任を発表した。声明の中で「騒動の原因の一部となっております給与未払い、野良連スキンの販売収益の私的利用について」事実無根であると発表[7][8][9]。しかし、脱退していく選手への間違った言動があった点、選手に潤沢なお金を渡せていたなかった点、コーチに対して給与支払いの延滞があった点について認めた。

9月10日、『Rainbow Six: Siege』部門の元アナリストスタッフでありKizoku氏の友人でもある、Akidog(あきどっぐ)氏が公式にチーム代表を引き継ぐことを発表。

2021年1月16日、『Rainbow Six: Siege』部門の選手のうち4人が野良連合を脱退。5人目の選手もその2週間後に脱退した。コーチのAr7hur氏も数ヵ月前に脱退していたため、『Rainbow Six: Siege』部門には選手やスタッフが一人もいなくなる。2月2日、元『Rainbow Six: Siege』部門の選手5名がLag Gamingへ移籍加入[10]

2月8日、Akidog氏が「利益相反」を理由に代表辞任し、Kizoku氏が再び野良連合の代表を引き継ぐ[11]

3月11日、規約違反を受けて『Rainbow Six: Siege』の運営元であるUBISOFTによってプロリーグ「RAINBOW SIX ESPORTSサーキット」参加のためのライセンスを剥奪されたことを発表[12][11]

反響[編集]

このトラブルに関して、大手ゲームメーカーの関係者は取材[誰によって?]に対して「スポーツの本場は欧米です。未成年者への不適当な行為は、日本以上に批判の対象」とし、「やっと日本に根付き始めてきたeスポーツ業界が、今回の件で色眼鏡で見られることがないよう、しっかり説明していただきたいと思います」と回答している[7]

活動停止[編集]

2020年8月以降、ホームページ・SNS等でスポンサー企業に関する情報公開が行われていない。2021年4月以降、競技大会に参加しておらずゲーミングチームとして事実上の活動停止状態にある。

脚注 [編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b We Are NORA-RENGO - 野良連合”. 野良連合. 2018年11月18日閲覧。
  2. ^ What a performance from @norarengou, winning 2-1 against @GoingRogueGG!, Rainbow Six Esports (Twitter), (2018-11-17), https://twitter.com/R6ProLeague/status/1063880925090627589 2018年11月18日閲覧。 
  3. ^ 『オーバーウォッチ』PS4版国内最強チームが決定! 試合は立ち見が出る大盛況に【闘会議 2017】ファミ通.com 2017年2月12日
  4. ^ 【闘会議2017】PS4版の「オーバーウォッチ」国内最強決定戦開催!Watch impress 2017年2月11日
  5. ^ 【COD部門 解散のお知らせ】 この度、選手からの意向もあり、COD部門を解散することになりました 長い間、ご声援ありがとうございました”. Twitter. 野良連合(Nora-Rengo) @norarengou (2020年2月28日). 2021年11月15日閲覧。
  6. ^ “[https://yutura.net/news/archives/34733 国内最大級のeスポーツチームが炎上。 給料未払い、オーナーのパパ活疑惑で全スポンサー降板か]”. yutura. 2020年8月27日閲覧。
  7. ^ a b c eスポ「野良連合」代表kizoku氏、突如辞任が波紋…滝沢ガレソ氏が疑惑を告発”. Business Journal (2020年8月31日). 2020年8月31日閲覧。
  8. ^ プロeスポーツチーム「野良連合」代表Kizoku氏が辞任。「選手への給与未払い」「パワハラ」疑惑など一連の騒動を受けて”. Automaton. 2020年8月31日閲覧。
  9. ^ e-Sportsチーム「野良連合」代表辞任―選手給与未払いなど複数の疑惑受け”. 2020年8月31日閲覧。
  10. ^ AlainDrone. “『レインボーシックス シージ』Lag Gamingシージ部門独占インタビュー:野良連合から移籍の経緯 / LAGの魅力 / デビュー戦など” (日本語). EAA!! - FPS News. 2021年3月11日閲覧。
  11. ^ a b 独占:野良連合APAC Northライセンス喪失”. SiegeGG. 給与不払いによって炎上した野良連合は選手を失い、そしてAPAC Northリーグへの競技ライセンスをも抹消された。 (2021年2月27日). 2021年11月15日閲覧。
  12. ^ 株式会社インプレス (2021年3月11日). “野良連合、「レインボーシックス シージ」のAPACリーグから離脱 規約違反を受け「RAINBOW SIX ESPORTSサーキット」のライセンスが無効に” (日本語). GAME Watch. 2021年3月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]