野田真外

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野田 真外(のだ まこと、本名:野田 真人(読み同じ)、1967年 - )は、日本の映像演出家。有限会社グラナーテ代表。福岡県北九州市出身。

略歴・人物[編集]

早稲田大学卒業後、CM制作プロダクション等を経てフリーの演出家となる。2003年に制作会社グラナーテを設立。社名は押井守が命名。

押井守作品の評論活動で知られ、1997年には研究本『前略、押井守様。』を上梓、2003年には押井守監修作品『東京静脈』を発表する。

2003~04年日本デザイナー学院で非常勤講師(映像メディア論担当)、トークイベント「Howling in the Night」を2002年から主催。

2008年と2009年には、自ら企画した番組『行くぞ!30日間世界一周』(旅チャンネル)で、水谷さるころ山本朋寛と共にワンワールド世界一周航空券を利用して世界一周旅行をした。

水谷さるころと事実婚関係にあり、2014年8月に水谷との間に男児が誕生した。

主な作品[編集]

映像作品[編集]

  • 東京静脈 (2003年 森ビル、グラナーテ)
  • DVD スマッシュ 斉藤未知 (2003年 レイン)
  • 東京静脈R (2006年 森ビル、グラナーテ)

書籍[編集]

  • 前略、押井守様。(1997年 フットワーク出版)

外部リンク[編集]