野球ロシア代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野球ロシア代表
国または地域 ロシアの旗 ロシア
協会 ロシア野球連盟
WBSCランキング 22位 (2016年)
オリンピック
出場回数 0回
ワールド・ベースボール・クラシック (WBC)
出場回数 0回
WBSCプレミア12
出場回数 0回
ワールドカップ
出場回数 3回 (初出場は1998年)
最高成績 13位 (2001年)
欧州野球選手権
出場回数 12回 (初出場は1991年)
最高成績 準優勝 (2001年)
  

野球ロシア代表(やきゅうロシアだいひょう)は、ロシアにおける野球のナショナルチームである。欧州野球連盟に所属。

概説[編集]

ソビエト連邦時代[編集]

巨人青田昇や元大毎沼澤康一郎が指導[注釈 1]

1991年IBAFインターコンチネンタルカップに出場。9位という記録が残っている[3]

ロシア連邦時代[編集]

1992年、ロシアとして欧州野球連盟に加盟[4]

1997年ウラジオストクに初の野球場が完成。

2001年欧州野球選手権で準優勝。

2003年ワールドカップに出場、予選リーグ最下位で敗退。

2007年欧州野球選手権では、予備予選を突破して本戦に出場。予選リーグを突破できず、11位決定戦でオーストリアを7-2で下したが、チェコの順位決定戦での大会規定に反する選手を出場させていたことで、10位で大会を終えた。

国際大会[編集]

ソビエト連邦時代を含む。

ワールド・ベースボール・クラシック[編集]

オリンピック[編集]

ワールドカップ[編集]

インターコンチネンタルカップ[編集]

欧州野球選手権[編集]

代表選手[編集]

投手[編集]

捕手[編集]

内野手[編集]

外野手[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 青田は少年野球[1]、沼澤は大学生を指導したものであり[2]、代表チームのコーチ等を行ったわけではない。

出典[編集]

  1. ^ 8月3日ここだけの話・・・◆<青田昇さんの遺志をいつまでも>◆福井放送 (2001年8月3日). 2016年2月18日閲覧。
  2. ^ 滝 正男「全愛知大学野球野球連盟選抜メンバーによるハバロフスク (ソ連) 親善野球について A Goodwill Baseball (game) with Khabarovs」(PDF) 中京大学教養論叢 30(3) p.848.
  3. ^ 洲際杯棒球賽 我得第四台灣棒球運動珍奇新聞檔案數位資料館 (中国語). 2016年2月18日閲覧。
  4. ^ Member Countries 1953 - 2014欧州野球連盟 (英語) 2016年2月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]