野猿峠ハイキングコース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野猿峠ハイキングコース(やえんとうげハイキングコース)は、1929年昭和4年)から1930年(昭和5年)頃にかけて鎌田鳥山(野猿峠付近にある野鳥料理店)と京王電鉄がハイキングコースとして高幡不動から野猿峠御殿峠尾根道を開いたハイキングコースである[1]長沼公園平山城址公園をつなぐコースであり、その南側に並行して野猿街道がある。昭和30年代始めにはハイカーで賑わった[1]。その後多摩動物公園の開園や造成に伴い尾根道は分断されている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 多摩丘陵その2”. 日野市観光協会. 2012年3月11日閲覧。
  2. ^ 清水正之著『八王子長沼町・北野町わが街』、温故堂、1987年、106頁