野津龍三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野津 龍三郎(のづ りゅうざぶろう、1892年明治25年)2月5日 - 1957年昭和32年)10月27日は、日本大正から昭和期の化学者京都帝国大学教授甲南大学理学部長から。滋賀県出身者として二人目の理学博士(博士登録番号234番)。

生涯[編集]

1892年(明治25年)2月5日、滋賀県彦根市近郊の士族野津家に生まれる[1]。彦根第一中学校、1913年大正2年)7月第三高等学校第二部乙類を卒業し[2]1916年(大正5)年京都帝国大学理科大学を卒業する[3]。卒業後神戸の鈴木商店(現双日のルーツの一つ)に入社し化学研究所に勤務、1921年(大正10年)1月大日本木管(紡績用木管類を生産)に転職した後、同年12月京都帝国大学理学部小松茂教授の下で講師になる[1]。大学では久原躬弦教授に指導を受け「アミノメチルフェニカルビノールのベンゾイルエスチルの合成」卒業研究を行った[1]

1923年(大正12年)助教授に昇任、有機化学研究のため1925年(大正14年)アメリカイギリスドイツフランスへ留学し、翌年4月17日理学博士の学位を授ける[4]と共に教授に就任し、化学第三講座(有機化学)を担当した[1]。英国ではオックスフォード大学ロビンソン教授(1947年ノーベル化学賞授賞)に、ドイツではフライブルク大学シュタウディンガー教授(1953年ノーベル化学賞授賞)に指導を受けた。1946年(昭和21年)京都大学化学研究所第5代所長に就任(1948年(昭和23年)退任)し[5]、退官後1955年(昭和30年)3月9日京都大学名誉教授となった。その間、理学部長、日本学術会議会員、日本化学会長等の要職を歴任し、退官後も甲南大学教授に招かれて文理学部長(後に理学部長)となり、日本放射線高分子研究会大阪研究所長を兼務したが、1957年(昭和32年)10月27日65歳で胃癌により急逝した[1]

エピソード[編集]

「有機化学から合成を除けば、それは有機化学ではない。有機化学の生命は合成にある」

業績[編集]

論文
  • リン酸エステルの合成(学位論文)
六単糖類の各種リン酸エステルを合成され、これら糖リン酸エステルの酵素に対する挙動を検討したもの。
(京都帝国大学講師時代)
  • アニリンとクロル酢酸との反応
  • α-ナフトールとα-アフテルアミンとの接触還元
  • 山桃の果実の生化学的研究
(留学以降)
  • 明確な炭化水素及び長鎖状化合物の粘度の測定(1930年)
  • アセトン-ホルマリン樹脂の接着剤への應用-木材類の接着に関する研究(1950年)
  • 有機化学に於ける硫酸(1950年)
  • o-Aminophenol の高級 Alkylether の合成並びに結核菌に対する抗菌作用(結核の化学療法の研究)(1951年-1952年)
  • o-Aminophenol-n-dodecylether の毒性並びに動物体内分布(結核の化学療法の研究)(1951年)
  • Brenzcatechin monoalkylether の合成並びに結核菌に対する抗菌作用(結核の化学療法の研究)(1952年)
  • p-Aminophenol alkyletherの合成並に結核菌に対する抗菌作用(1952年)
  • Resorcin monoalkyletherの合成並に結核菌に対する抗菌作用(結核の化学療法の研究)(1952年)
  • 木材類の接着に關する研究 : 第1報 アセトン-ホルマリン樹脂の接着劑への應用(1950年-1952年)
  • いわゆる龜の甲の話(1951年)
  • 高分子化学とStaudinger(1951年)
  • 高分子物質のコロイド性に関する構造化学的研究(予報)(1951年)
  • 高分子物質のコロイド性に関する構造化学的研究-水溶性醋酸繊維素(1952年)
  • 有機化学と電子説-物理化学との関連(1952年)
  • 椰子油脂肪酸の分離及びその還元(1952年)
  • 糊麻粘質液の研究(1953年)
  • 結核化学療法の研究(1954年)
  • アセチレンとその誘導体に関する研究(1954年)
  • Swarts反応に関する研究(1955年)
  • 芳香族フッ素化合物に関する研究(1955年)
著作
  • 「化学 6(3)」P32〜43「21世紀への化学 野津龍三郎」(化学同人 1951年4月)
  • 「改編化学実験学 有機化学篇 第5巻 (重合と縮合)」 「重合と解重合 野津龍三郎」の項(河出書房 1952年)
  • 「化学と工業 = Chemistry & chemical industry 6(5)」P212「研究の独創性 野津龍三郎」(日本化学会 1953年5月)
  • 「生物化学最近の進歩 第1集」 「複合多糖類 野津竜三郎」の項(生物化学最近の進歩編集委員会編 技報堂 1955年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 「化学 19(10)」 P68「日本の化学を築いた人たち 野津龍三郎先生」(化学同人編 1964年10月)
  2. ^ 「第三高等学校一覧 大正2年9月至大正3年8月」P241(第三高等学校編)
  3. ^ 「京都帝国大学一覧 大正5年至大正6年 P410」(京都帝国大学)
  4. ^ 「学位大系博士録 理学博士 博士登録番号234番 昭和14年版」(発展社出版部 1939年)
  5. ^ 京都大学化学研究所. “歴代所長”. 2013年1月15日閲覧。

外部リンク[編集]