野毛節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野毛節神奈川県横浜市民謡。野毛山節、あるいはノーエ節などとも呼ばれる。幕末に始まったお座敷歌で、関内の外国人や兵隊の(当時の日本人から見ると珍奇な)様子を野毛山から眺めた歌詞となっている。作者不詳で、曲調は行進曲を摸したものとも言われる。旋律や「ノーエ」の掛け声を同じくする民謡は全国にあり、中でも静岡県三島市の「農兵節」が有名である。野毛節がこれらの元祖とも言われているが、定かではない。