野林健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野林 健(のばやし たけし、1945年7月4日 - )は、日本政治学者。専門は、国際政治経済学東洋学園大学人文学部教授、一橋大学名誉教授。

人物[編集]

大阪府出身。同志社香里中学校・高等学校同志社大学経済学部、ボウディン大学国際基督教大学大学院を経て、1974年一橋大学大学院法学研究科博士課程単位修得退学。緒方貞子細谷千博等の指導を受けた[1][2]

同志社大学アメリカ研究所助教授等を経て、1986年から2009年まで一橋大学国際関係論講座教授。指導学生には山田敦(一橋大学教授)、山本啓一北陸大学教授)、西川りゅうじん(マーケター)等がいる[3][4]。趣味はウエイトトレーニング自転車エアロビクス[5]

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『保護貿易の政治力学――アメリカ鉄鋼業の事例研究』(勁草書房, 1987年)
  • 『管理貿易の政治経済学――米国の鉄鋼輸入レジーム 1959~1995』(有斐閣, 1996年)

共著[編集]

  • 大芝亮納家政嗣長尾悟)『国際政治経済学・入門』(有斐閣, 1996年)
  • (大芝亮・納家政嗣・山田敦・長尾悟)『国際政治経済学・入門[新版]』(有斐閣, 2003年/第3版, 2007年)

共編著[編集]

脚注[編集]