野村美紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野村 美紀子(のむら みきこ、1940年10月1日 - )は、日本の翻訳家。東京生まれ。東京大学大学院宗教学専攻修士課程修了。 ドイツ語の学術書を中心に翻訳する。当初はユング派のものが多くその主著『変容の象徴』を全訳、その後悪魔学、ドイツ現代史などを中心に仕事をしている。(『現代日本人名録』)

翻訳[編集]

  • メルヘンと女性心理 M.-L.フォン・フランツ 秋山さと子共訳 海鳴社 1979.1
  • ユングの人間論 カール・グスタフ・ユング 秋山さと子共訳 思索社 1980.5
  • ヨブへの答え C.G.ユング ヨルダン社 1981.3
  • ユングの象徴論 カール・グスタフ・ユング 思索社 1981.11
  • 悪魔 古代から原始キリスト教まで J.B.ラッセル 教文館 1984.5
  • 1985年 続ジョージ・オーウェル「1984年」ジェルジ・ダロス 柘植書房 1984.10
  • 芸術と創造的無意識 エーリッヒ・ノイマン 氏原寛共訳 創元社 1984.5 (ユング心理学選書)
  • 変容の象徴 精神分裂病の前駆症状 ユング 筑摩書房 1985.2 のち学芸文庫
  • ハンス・アイスラー人と音楽 アルブレヒト・ベッツ 浅野利昭共訳 晶文社 1985.2
  • 子どもと悪 絵を描く集団治療 クリスティアーネ・ルッツ 晶文社 1985.10
  • ユングと聖書 W.G.ロリンズ 教文館 1986.3
  • 悪魔との対話 L.コワコフスキ 筑摩書房 1986.4
  • ダヤン・ゆりの花蔭に ミルチャ・エリアーデ 筑摩書房 1986.9
  • サタン 初期キリスト教の伝統 J.B.ラッセル 教文館 1987.4
  • 魔術の歴史 J.B.ラッセル 筑摩書房 1987.8
  • 魂の言葉としての夢 ユング心理学の夢分析 ハンス・ディークマン 紀伊国屋書店 1988.8
  • フルトヴェングラーを讃えて 巨匠の今日的意味 ゴットフリート・クラウス編 音楽之友社 1989.1
  • ルシファー 中世の悪魔 J.B.ラッセル 教文館 1989.2
  • 三人の「科学者」と「神」 情報時代に「生の意味」を問う ロバート・ライト どうぶつ社 1990.10
  • ヴァンパイアと屍体 死と埋葬のフォークロア ポール・バーバー 工作舎 1991.7
  • メフィストフェレス 近代世界の悪魔 J.B.ラッセル 教文館 1991.4
  • フィガロの誕生 モーツァルトとフランス革命 イヴァン・ナーゲル 音楽之友社 1992.3
  • 五つの感覚 イタロ・カルヴィーノ追想 F.ゴンサレス=クルッシ 工作舎 1993.10
  • ベンヤミンの黒い鞄 亡命の記録 リーザ・フィトコ 晶文社 1993.6
  • 僕は銃と鉄条網に囲まれて育った ホロコーストを生き残った子どもの記録 トマス・ジーヴ どうぶつ社 1993.5
  • ビスマルク 生粋のプロイセン人・帝国創建の父 エルンスト・エンゲルベルク 海鳴社 1996.3
  • 大衆の装飾 ジークフリート・クラカウアー 船戸満之共訳 法政大学出版局 1996.3 (叢書・ウニベルシタス)
  • 世界の没落 ゲルハルト・マルセル・マルティーン 青土社 1996.12
  • 異端の歴史 D.クリスティ=マレイ 教文館 1997.10
  • マルクスエルンスト・ブロッホ 船戸満之共訳 作品社 1998.4
  • 誤解されたイエス R.ハイリゲンタール 教文館 1998.6
  • 天国の歴史 歌う沈黙 J.B.ラッセル 教文館 1998.12
  • 西暦はどのようにして生まれたのか H.マイアー 教文館 1999.9
  • シャーマニズムと想像力 ディドロ、モーツァルト、ゲーテへの衝撃 グローリア・フラハティ 工作舎 2005.8