野村直輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野村 直輝 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ノムラ ナオキ
ラテン文字 NOMURA Naoki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-04-17) 1991年4月17日(30歳)
出身地 山口県下関市[1]
身長 168cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 大分トリニータ
ポジション MF
背番号 10
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2018 横浜FC 138 (19)
2019 徳島ヴォルティス 39 (7)
2020- 大分トリニータ 18 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年12月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

野村 直輝(のむら なおき、1991年4月17日 - )は、山口県出身のサッカー選手。Jリーグ・大分トリニータ所属。ポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

5歳でサッカーを始め、小・中学校時代は地元クラブのセイザンFCに所属[1]下関中央工業高校では3年時に主将を務めた[2]。高校卒業後は日本経済大学に進学。

2014年、J2横浜FCに加入[3]。3月2日のJ2第1節・愛媛戦でJリーグデビューを果たす。4月29日の第10節・讃岐戦では途中出場からJリーグ初ゴールを決め、このゴールが決勝点となってチームに約1ヶ月ぶりの勝利をもたらした[4]。翌2015年に監督が山口素弘からミロシュ・ルスに代わると出場機会が激減。試合に出られないフラストレーションから反発した態度を取ったこともあったが、その行為を飯尾一慶安英学渡辺匠と先輩のチームメイトから咎められたことで意識を改善[5]、リーグ終盤には再び出場機会を得た。2016年以降は横浜FCで不動の主軸に成長したが、野村曰くこの時の経験が今に繋がったと述べている[6]

2019年、徳島ヴォルティスに完全移籍[7]。3-4-2-1システムのシャドー[8]としてリーグ戦39試合に出場を果たすと、7得点12アシストとキャリアハイの成績を残すなど存在感を発揮。徳島サポーターの投票により決定するMIPとシーズンベストゴール両方に選出された[9]。野村の活躍もありチームはJ1参入プレーオフ決定戦にまで進出したが、湘南ベルマーレに引き分け[注釈 1]、J1昇格は果たせなかった。

2020年、J1大分トリニータに完全移籍[10]。加入時の希望背番号は11番であったが田中達也と競合したため譲り、10番を選択した[8]。第1節・セレッソ大阪戦にて途中出場からJ1初出場を果たすも、その後は原因不明の膝の痛みにより長期離脱した[11]。9月16日、第24節・FC東京戦にて後半22分から7か月ぶりに公式戦出場を果たすと、J1初ゴールを奪うなど活躍し勝利に貢献した[12]。11月21日、第28節・川崎フロンターレ戦では前半34分に相手DF谷口彰悟に倒され得たPKを自ら決めると、これが決勝点となり目の前での川崎の優勝阻止の立役者となった[13]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 横浜FC 5 J2 18 3 - 1 0 19 3
2015 11 1 - 0 0 11 1
2016 16 38 4 - 1 1 39 5
2017 7 35 6 - 0 0 35 6
2018 36 5 - 0 0 36 5
2019 徳島 11 39 7 - 0 0 39 7
2020 大分 10 J1 18 3 0 0 - 18 3
2021
通算 日本 J1 18 3 0 0 0 0 18 3
日本 J2 177 26 - 2 1 179 27
総通算 195 29 0 0 2 1 197 30

その他の公式戦

選抜歴[編集]

  • 2011年 九州大学選抜
  • 2012年 九州大学選抜

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ レギュレーション上、引き分けの場合はJ1クラブである湘南が残留。また、野村は前年にも横浜FCの選手として参入POに出場したが、その際は2回戦(横浜FCにとっては初戦)で敗退している。

出典[編集]

  1. ^ a b “来春、J2横浜FC入団 野村直樹さんを激励-下関”. 山口新聞. (2013年12月23日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2013/1223/6p.html 2014年5月23日閲覧。 
  2. ^ “サッカー 宇部など4強”. 山口新聞. (2009年6月8日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2009/0608/5p.html 2014年5月23日閲覧。 
  3. ^ 日本経済大学よりMF野村直輝選手加入内定のお知らせ, , J's GOALアーカイブ (横浜FC), (2013年11月12日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00164274&keyword=&team=464&year=2013 2020年5月11日閲覧。 
  4. ^ 松尾真一郎 (2014年5月1日). “横浜FC:1カ月ぶりの勝利をもたらしたルーキー野村直輝。泥臭く成長を続ける”. J'sGOAL. http://www.jsgoal.jp/special/2014j2/diary/article/00171969.html?type=1&year=2014&month=05&day=01 2014年5月23日閲覧。 
  5. ^ 初のJ1に挑む大分MF野村直輝。中断する今、考える「10番」の仕事。(2ページ目)”. Sports Graphic Number. 文藝春秋 (2020年5月10日). 2020年5月11日閲覧。
  6. ^ 初のJ1に挑む大分MF野村直輝。中断する今、考える「10番」の仕事。(3ページ目)”. Sports Graphic Number. 文藝春秋 (2020年5月10日). 2020年5月11日閲覧。
  7. ^ “野村 直輝選手完全移籍にて加入内定のお知らせ” (プレスリリース), 徳島ヴォルティス, (2018年12月27日), http://www.vortis.jp/information/news/detail.php?id=1240 2019年1月9日閲覧。 
  8. ^ a b 初のJ1に挑む大分MF野村直輝。中断する今、考える「10番」の仕事。(4ページ目)”. Sports Graphic Number. 文藝春秋 (2020年5月10日). 2020年5月11日閲覧。
  9. ^ 【徳島 vs 甲府】「もちろん結果は取りに行く」(野村直輝)|徳島ウォーミングアップコラム”. J's GOAL (2019年11月30日). 2020年1月2日閲覧。
  10. ^ “野村直輝選手 徳島ヴォルティスより完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), 大分トリニータ, (2019年12月25日), https://www.oita-trinita.co.jp/news/20191255938/ 2020年1月2日閲覧。 
  11. ^ 【大分】7カ月ぶりのピッチで「みんなのゴール」。野村直輝の「信念」を感じろ” (日本語). soccermagazine.jp. サッカーマガジン (2020年9月17日). 2020年9月17日閲覧。
  12. ^ 7か月ぶり復帰戦の野村直輝、大分に金星呼ぶJ1初ゴール&アシスト「いろんな人に支えてもらった」” (日本語). ゲキサカ (2020年9月16日). 2020年9月17日閲覧。
  13. ^ 「目の前で優勝を見たくなかった」大分・野村直輝、決勝弾で本拠での川崎優勝を阻止!緊張のPKシーンでは…”. サッカーダイジェストWeb (2020年11月21日). 2021年1月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]