野村敏郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
発見した小惑星
(4106) 1989年3月6日 (1
(4797) 赤穂 1989年9月30日 (1
(5401) 南小田 1989年3月6日 (1
(5685) 福井実信 1990年12月8日 (1
(5737) 伊藤 1989年9月30日 (1
(5872) 菅野 1989年9月30日 (1
(5881) 明石 1992年9月27日 (2
(6155) 菅野洋子 1990年11月11日 (1
(6557) 野村陽子 1990年11月11日 (1
(7178) 岡本幾夫 1990年11月11日 (1
(8892) 加古川 1994年9月11日 (2
(9580) 垂水 1989年10月4日 (1
(10318) 須磨浦 1990年10月15日 (1
(1 …川西浩陽と共同
(2 …菅野松男と共同

野村 敏郎(のむら としろう、1954年 - )は、日本天文家である。本業は灘中学校・高等学校地学教諭。灘高から早稲田大学理工学部に進み、大学院で地学を専攻後、母校の地学教諭となった。長年灘校地学研究部の顧問であったが、定年になったため2020年から副顧問となった。2021年度4月からは灘校と神戸女学院中学部・高等学部の非常勤講師も務めている。

業績[編集]

天文学[編集]

1989年から1994年にかけて、兵庫県大河内町(現神河町)の南小田において、川西浩陽菅野松男らと共同で計13個の小惑星発見

1992年、ツングースカ国際調査隊に参加。

東亜天文学会神戸支部長。

川西と菅野が1991年に発見した小惑星6559番は、彼に因んで野村と命名された。

砂金採り[編集]

砂金採りを趣味としており、灘中学・高校の近くの住吉川で砂金を発見したこともある。

外部リンク[編集]