野村慶虎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野村 慶虎(のむら よしとら、1899年12月12日 - 1977年1月10日)は、将棋棋士。七段。神田辰之助門下。高知県伊野町(現・いの町)出身。

人物[編集]

1930年に神田辰之助門下に入門し1936年に四段に昇段する。戦後、戦災のため復帰が遅れ、順位戦には1947年第2期順位戦C級から参加した。1954年-55年の第9期順位戦C級2組で、当時15歳の加藤一二三と対局した。加藤が順位戦で対局した棋士の中では最年長、かつ唯一の1800年代生まれの棋士である。1957年に引退。

弟子に熊谷達人大原英二がいる。

昇段履歴[編集]

  • 1930年 入門
  • 1936年 四段
  • 1943年 五段
  • 1948年4月1日 六段(順位戦C級上位)
  • 1968年11月3日 七段(表彰感謝の日表彰)

関連項目[編集]