野村俊明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野村 俊明(のむら としあき、1938年 - )は、日本の化学者。信州大学名誉教授。専門は分析化学

略歴・人物[編集]

長野県東筑摩郡(現・松本市)生まれ。1956年(昭和31年)長野県松本県ヶ丘高等学校卒業[1]1962年(昭和37年)信州大学文理学部大学院修了[2]

信州大学理学部助教授、教授を務めた後、2003年(平成15年)定年退官[3]。信州大学名誉教授[4]

1998年(平成10年)から2002年(平成14年)の間、信州大学付属図書館館長を務る[5]日本分析化学会名誉会員[6]

退官後は、四賀村議会議員などを務めた[7]

所属学会[編集]

著作論文・共著編[編集]

  • 『水晶発振子の溶液化学分析への適用』 野村俊明著 1998
  • 『有機試薬塗布の水晶発振子による水中の微量金属定量法の基礎的研究』 野村俊明著 1986
  • 『チモールフタレインコンプレキソン水銀(II)塩を指示薬としてHg-EDTA溶液によるヨウ素イオンの容量分析』 野村俊明、小松寿美雄 共著 1969
  • 『EDTA共存下における硝酸水銀(II)によるシアンイオンまたはチオシアン酸イオンの光度滴定および同時定量』 野村俊明著 1968
  • 『N.N- ジエチルジチオカルバミン酸銀を用いるイオウイオンの間接吸光光度定量』小松寿美雄、野村俊明、伊藤 利恵 共著 1967
  • 『メチルチモールブルー水銀 (II) 錯体によるチオシアン酸イオンの吸光光度定量』野村俊明著 1967

出典・脚注[編集]

  1. ^ 高校8回(中田教室)卒(松本県ヶ丘高校同窓会 母校愛のリレー)
  2. ^ [P144.参照『昭和55年度会員録 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会』 - 社団法人 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会/編(1980.2)]
  3. ^ 会報 2(2003/ 9/30) - 理学部 - 信州大学
  4. ^ 名誉会員及び歴代会長 | 公益社団法人 日本分析化学会(野村俊明 信州大学名誉教授)
  5. ^ 信州大学附属図書館第16代館長(平成10.8.1~14.7.31)
  6. ^ 野村俊明名誉教授が日本分析化学会名誉会員を授称され - 信州大学理学部(2015年10月07日)」記事参照
  7. ^ 信州大学理学部会報 2(2003/ 9/30)記事参照

外部リンク[編集]