野村俊明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野村 俊明(のむら としあき、1938年3月21日 - )は、日本の化学者。信州大学名誉教授。専門は分析化学

略歴・人物[編集]

長野県東筑摩郡中川村(現・松本市)生まれ。1956年(昭和31年)長野県松本県ヶ丘高等学校卒業[1]1962年(昭和37年)信州大学文理学部大学院修了[2]

信州大学理学部助教授、教授を務めた後、2003年(平成15年)定年退官[3]。信州大学名誉教授[4]

1998年(平成10年)から2002年(平成14年)の間、信州大学付属図書館館長を務る[5]日本分析化学会名誉会員[6]

退官後は、四賀村議会議員などを務めた[7]

所属学会[編集]

著作論文・共著編[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]