野崎丹斐太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「野﨑丹斐太郎」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

野﨑 丹斐太郎(のざき にいたろう、明治25年(1892年4月18日 - 昭和51年(1976年9月8日)は、昭和時代製塩業を営んだ実業家。野﨑続太郎の子(母は祖父野﨑武吉郎の娘)。妻は板倉勝憲の娘(長女)。姉に階(佐谷有吉妻)、妹に正(舟橋清賢妻)。子女は、保子(三女、大塚斌妻)ら。

経歴[編集]

京都帝国大学卒業。大正14年に祖父武吉郎が没した為、家業(製塩業)を継ぐ。昭和9年(1934年)株式会社野﨑事務所カナワ式、真空式、流下式と新しい製塩法を次々と取り入れ近代化をはかった。昭和21年(1946年)に内海塩業株式会社に社名変更し、昭和44年(1969年)にはイオン交換樹脂膜法を採用した。昭和49年(1974年)にはナイカイ塩業株式会社と社名を変更した。昭和51年、84歳で没した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]