野寒布岬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野寒布岬の碑(2010年6月)

野寒布岬(のしゃっぷみさき)は、北海道稚内市ノシャップにある。「ノシャップ岬」とカナで表記することも多い。日本海から宗谷湾を区切る。

概要[編集]

付近には稚内灯台があり、晴れた海霧の立たない日には利尻島利尻富士)、礼文島が望める。灯台の南西よりにある恵山泊漁港公園には「ノシャップ岬の碑」の他、「イルカのモニュメント」が設置されているが、これはイルカが宗谷海峡を通過したという昔話に基づいている[1]。灯台・漁港公園に隣接して稚内市立ノシャップ寒流水族館青少年科学館、みやげ物店などが居並ぶ。

2007年度は約14万人の観光客が訪れている[2]

読み方が似ている納沙布岬(のさっぷみさき)は根室市にある北海道本島最東端の岬である。

交通アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成23年稚内学第7講座資料。
  2. ^ 稚内市「3-2 数値目標の設定 (PDF) 」『稚内市中心市街地活性化基本計画』稚内市、2009年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯45度26分59.1秒 東経141度38分43秒