野呂芳男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
のろ よしお
野呂 芳男
生誕 1925年8月2日
死没 (2010-04-26) 2010年4月26日(84歳没)
出身校 日本基督教神学専門学校
職業 神学者牧師

野呂 芳男(のろ よしお、1925年8月2日 - 2010年4月26日)は、日本キリスト教神学者牧師。日本のウェスレー研究の基礎を築くとともに、実存論的神学を提唱して、バルト神学に依拠する日本のプロテスタント神学の主流とは一線を画した独自の神学思想を展開した。後年は日本の民衆仏教キリスト教の対話の問題と取り組み、キリスト教の土着化のありかたを模索した。

略歴[編集]

東京都江東区生まれ。1945年、徴兵により慶應義塾大学法学部を中退。1948年、日本基督教神学専門学校(現東京神学大学)を卒業。1949年アメリカ合衆国へ留学し、1952年までドルー大学神学部(B.D.)、1955年までニューヨークユニオン神学校(Th.D.)で学ぶ。帰国後、青山学院大学文学部神学科教授、立教大学文学部キリスト教学科教授、ウェスレー学会委員長、ウェスレー著作集刊行会委員長などを歴任。文学博士号(1970年、京都大学)。2002年よりキリスト教会ユーカリスティア名誉牧師。

主要著作[編集]

  • 『ウェスレー』(日本基督教団出版局、1963年)
  • 『実存論的神学』(創文社、1964年)
  • 『実存論的神学と倫理』(創文社、1970年)
  • 『ウェスレーの生涯と神学』(日本基督教団出版局、1975年)
  • 『神と希望』(日本基督教団出版局、1980年)
  • 『ウェスレー』(清水書院、人と思想シリーズ95、1991年)
  • 『キリスト教と民衆仏教――十字架と蓮華』(日本基督教団出版局、1991年)
  • 『キリスト教の本質』(松鶴亭出版部、1995年)
  • 『キリスト教神学と開けゆく宇宙』(松鶴亭出版部、1996年)
  • 『ジョン・ウェスレー』(松鶴亭出版部、2005年)

外部リンク[編集]