野口忠直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野口忠直
のぐち ただなお
生年月日 (1935-02-19) 1935年2月19日
出生地 東京都府中市
没年月日 (2017-03-27) 2017年3月27日(82歳没)
出身校 学習院大学政治経済学部
前職 府中市収入役・市長
現職 合名会社野口酒造店六代目当主
所属政党 無所属

Flag of Fuchu, Tokyo.svg 府中市長
当選回数 3回
在任期間 2000年 - 2012年
テンプレートを表示

野口 忠直(のぐち ただなお、1935年2月19日 - 2017年3月27日[1])は、合名会社野口酒造店六代目当主。東京都府中市において第四代市長を12年間務めた。

経歴・人物[編集]

市内で生まれ育った。明星中学校・高等学校を経て、1958年学習院大学政治経済学部経済学科卒業後合名会社野口酒造店に勤務し、1978年代表社員社長。1980年から1995年まで府中市収入役。2000年保守分裂選挙を制し、市長に初当選し3期務めた。また2009年全国市長会評議員、2010年東京都市長会監事を務め、2013年には旭日小綬章を受章した。趣味は歌舞伎落語・観能・美術鑑賞。

2017年3月27日、虚血性心不全のため市内寿町の自宅で死去、82歳[1]

役職[編集]

著書[編集]

  • 『古い壺に新しい酒を―わがまち府中』(2011年11月、ネット武蔵野)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 野口忠直 前東京都府中市長:おくやみ(TOKYO Web)”. 東京新聞 (2017年3月29日). 2017年3月31日閲覧。