野口一成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
野口一成
Noguchi Kazushige.jpg
野口左助一成(福岡市博物館蔵)
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄2年(1559年
死没 寛永20年4月8日1643年5月25日
改名 彦次郎(幼名)→一成→卜庵(号)
別名 通称:左助、藤九郎
主君 黒田孝高長政忠之
筑前福岡藩
氏族 野口氏
父母 父:浄金
曽我一信娘(母里友信妹)
一吉、万右衛門

野口 一成(のぐち かずしげ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将筑前国福岡藩士。黒田二十四騎の一人。通称は左助藤九郎

永禄2年(1559年)、播磨国加古郡野口で、教信寺の僧・浄金の子として生まれる。浄金は黒田孝高と親しく、囲碁仲間でもあった。天正3年(1575年)、元服して黒田氏の家臣となる。天正5年(1577年)の高倉山城攻めでは、神吉小伝次を討ち取った。

天正8年(1580年)の三木合戦、天正15年(1587年)の財部城攻めなどでも戦功を挙げる。天正16年(1588年)の城井鎮房暗殺の際にはその家臣を7人斬り伏せており、その功績から黒田長政から短刀を賜り、その後630石を拝領した。小田原征伐文禄・慶長の役木曽川・合渡川の戦い関ヶ原の戦いにも参戦。関ヶ原では身体の左側ばかりに傷を負いながら奮闘したため、通称を「左助」(さすけ)と改めることとなった。

慶長6年(1601年)、黒田氏が筑前国に入国した後、鉄砲大頭に任命されて2,500石を拝領。また、益田正親と共に福岡城の石垣普請奉行も務めた。慶長11年(1606年)の江戸城天下普請の際には、母里友信と共に天守台の石垣を担当した。

元和9年(1623年)、長政が没し黒田忠之が跡を継ぐと、3,000石に加増されている。寛永7年(1630年)、福岡城南二の丸城番となる。寛永14年(1637年)に始まる島原の乱では、忠之の呼び出しを受け、側に控えた。この際、次男の万右衛門が討死している。この後、家督を孫の吉波(長男・一吉の子)に譲り、隠居して卜庵と号した。

寛永20年(1643年)4月8日死去。享年85。

参考文献[編集]