重臣 猪狩虎次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
重臣 猪狩虎次郎
ジャンル 少年漫画ギャグ漫画
漫画
作者 つの丸
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス
発表号 2001年11号 - 34号
テンプレート - ノート 

重臣 猪狩虎次郎』(じゅうしんいかりこじろう)は、つの丸による日本少年漫画作品。

あらすじ[編集]

西暦1575年、桂軍が奇襲で攻め落とした天下禿げ目の戦い、そこに武具もつけず、裸で戦う武士がいた。その名は猪狩虎次郎。

登場人物[編集]

猪狩虎次郎
鶴里軍の武士。敵から身を隠していたら、400年も経った若萩城跡でミイラ化した状態でタカシに発見された。
追い詰められた状況に陥ると切腹する癖がある。
鶴里タカシ
小学4年生の男の子。ある日、若萩城跡でカブとマンヒと虫取りをしていたところ、猪狩を発見する。実は鶴里禿隆の子孫である。
桂三郎
タカシの友達で、いつも3人で行動している。3人の中で一番のしっかり者。あだ名はカブ。
橋真人
タカシの友達。カブとタカシの3人でいつも行動している。先祖代々のお金持ち。あだ名はマンヒ。
雪ちゃん
タカシのあこがれの女の子。
鶴里禿隆
房里城城主で、タカシの先祖。
鶴里軍家臣。

外部リンク[編集]