放射線医学総合研究所病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 放射線医学総合研究所病院
NirsHospital.jpg
情報
正式名称 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所 放射線医学総合研究所病院
標榜診療科 放射線科、歯科
許可病床数 100床
開設者 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所
開設年月日 1961年
所在地
263-8555
位置 北緯35度38分5.5秒
東経140度6分7.1秒
二次医療圏 千葉
PJ 医療機関
テンプレートを表示

放射線医学総合研究所病院(ほうしゃせんいがくそうごうけんきゅうじょびょういん)とは、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所(放医研)の重粒子医科学センターの病院である。放射線診断・治療を主とした研究病院であり、緊急被曝医療専門病院でもある。

沿革[編集]

  • 1961年昭和36年) - 病院部診療開始。
  • 2015年(平成27年)8月26日 - 原子力災害時の被曝医療の中心になる「高度被ばく医療支援センター」に指定[1]
  • 2016年平成28年) - 現名称に改名。

病床数内訳[編集]

  • 無菌室2床
  • 負圧室2床
  • 緊急被曝汚染室4床
  • 一般92床 計100床

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “被曝医療に5機関指定 原子力規制委”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 7. (2015年8月27日) 

関連項目[編集]

放射線医学総合研究所病院[編集]

重粒子治療機関[編集]

陽子線治療機関[編集]

外部リンク[編集]