重石華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
重石華 tungstite
Tungstite on ferberite
Tungstite on ferberite
分類 酸化鉱物
化学式 WO3・H2O
結晶系 斜方晶系
モース硬度 2.5
比重 5.57
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

重石華(じゅうせきか、tungstite)は、化学式が WO3・H2O で表される水和酸化タングステン鉱物である。酸化タングステン鉱とも呼ばれる。

タングステンを含む灰重石などタングステン酸塩鉱物の風化によって形成する二次鉱物である。結晶構造斜方晶系で、外見は黄色から黄緑色である。モース硬度は2.5、比重は5.57。

産出[編集]

タングステン鉱床の地表面付近に産し、粉状または土状をなし、灰重石などの鉱物の表面を覆う場合もある[1]

1868年にTrumbull, Connecticutの近くで初めて産出が報告された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 松原聰宮脇律郎『日本産鉱物型録』東海大学出版会国立科学博物館叢書〉、2006年。ISBN 978-4-486-03157-4
  1. ^ 木下亀城 『原色鉱石図鑑』 保育社、1957年

外部リンク[編集]