重澤俊郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

重澤 俊郎(しげさわ としお、1906年12月13日[1] - 1990年5月21日[2])は、中国哲学者。

東京出身。1932年京都帝国大学文学部支那哲学科卒。第三高等学校教授、1942年京都帝大文学部助教授、50年「経学研究」で京大文学博士、京都大学教授、70年定年退官、名誉教授。[3]

著書[編集]

  • 『周漢思想研究』弘文堂書房 1943 大空社、1998
  • 『中国四大思想』日本科学社 学生叢書 1947
  • 『原始儒家思想と経学』岩波書店 1949
  • 『中国哲学史研究 唯心主義と唯物主義の抗争史』法律文化社 1964
  • 『中国歴史に生きる思想』日中出版 1973
  • 『中国の伝統と現代』日中出版 現代中国双書 1977
  • 論語の散歩道』日中出版 1979
  • 孫子の兵法 科学は謀略に勝てるか』日中出版 1981
  • 孟子 聖人君子の笑いが目に浮ぶ』日中出版 1983

共編[編集]

翻訳

  • 梁啓超『先秦政治思想史』創元社 創元支那叢書 1941 大空社、1998

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 『京大文学部の百年』