重松泰雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

重松 泰雄(しげまつ やすお、1923年1月6日-1999年6月19日[1])は、日本の日本近代文学研究者。

略歴[編集]

愛媛県生まれ。福岡県中学修猷館を経て、九州大学大学院国文学専攻博士課程中退。1968年「西洋文学・西洋思想受容の問題を端緒とせる明治文学の研究」で文学博士。九大助教授、教授、85年定年退官、名誉教授、福岡大学教授。93年定年退任。

著書[編集]

  • 『明治の文学』桜楓社(現代の教養)1968
  • 漱石 その歴程』おうふう 1994
  • 『漱石 その新たなる地平』おうふう 1997
  • 『漱石 その解纜』おうふう 2001
  • 鴎外残照』おうふう 2001

共編著[編集]

  • 森鴎外 学生版』東出版(日本文学教養全書) 1963
  • 『類別萬葉抄』鶴久,森山隆共編 明玄書房 1964
  • 『大正の文学 研究と鑑賞』佐藤泰正,山本捨三共編 桜楓社 1975
  • 『新集近代の小説』佐藤泰正共編 桜楓社 1975
  • 『森鴎外』 桜楓社 1991

記念論集[編集]

  • 『原景と写像 近代日本文学論攷』原景と写像刊行会 1986

参考[編集]

重松泰雄教授略歴・著作目録「福岡大学人文論叢」1993-3

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』