重唱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

重唱(じゅうしょう)は西洋音楽で用いられる用語で、2人以上の歌手がそれぞれ別の声部(パート)を歌うことをいう。伴奏を伴う場合を含む。

これに対し、ひとりだけが歌う場合を独唱、2人以上の歌手が同じ旋律を歌うことを斉唱、2つ以上のパートをそれぞれ複数の歌い手が歌う場合を合唱という。また、2人以上の奏者が楽器でそれぞれ別のパートを演奏することを重奏という。二重唱あるいは二重奏は共にデュエットと呼ばれる。

重唱は、それぞれの歌手が同じ歌詞を歌うこともあれば、それぞれ異なる歌詞を歌うこともある。その場合会話のように掛け合うこともある。オペラのような劇音楽その他物語性のある作品にあっては、通常の会話から重唱に仕立てられていることも多く、物語の進行上重要な部分を担う。