釋迦ヶ嶽雲右エ門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

釋迦ヶ嶽 雲右エ門(しゃかがたけ くもえもん、釈迦ヶ嶽雲右エ門、1749年寛延2年) - 1775年3月15日安永4年2月14日)は、出雲国能義郡(現在の島根県安来市)出身で朝日山部屋及び雷電部屋に所属していた江戸時代の大相撲の第36代大関。本名、天野久富。実弟の稲妻咲右エ門も大関で、大相撲史上初の兄弟幕内力士でもある。

人物[編集]

身長227cm、体重180kgの巨人力士。大部分の巨人力士は見かけに反し大した実力を持っていないことが多い(先端巨大症などの巨人症を患うと、内臓機能や体力が追いつかないまま身長のみ巨大化するという症例が見られる)が、彼に限っては例外的に力士としての実力も高いことで知られる。当初は大坂相撲で大鳥井の名で看板大関として登場したが、1770年明和7年)11月(冬場所)の江戸相撲の番付で釋迦ヶ嶽の名で登場した。その場所は6勝0敗1休1預の成績で、次の1771年(明和8年)春場所には6勝1敗1休のいずれも優勝相当成績に値する記録を残している。その後は関脇を4場所(うち2場所は休場)務めた。

釋迦ヶ嶽の人気は並外れた巨体にあった。元来病人のようであり、顔色が悪く、目の中がよどんでいたという。1775年(安永4年)の2月14日(旧暦)、現役中に27歳で死去。釈迦の命日と同じであり、しこ名と併せて奇妙な巡り合わせだと評判になった。

その巨体から、東京都江東区富岡八幡宮には、釈迦ヶ嶽等身碑が建てられている。巨体にまつわるエピソードには事欠かず、摂津国住吉神社に参詣した帰りに茶店に立ち寄ったが、茶代を払うのに2階の窓へ支払ったと伝わっている。道中で履く草鞋の長さは約38cm、手形は長さ25.8cm 幅13cmだった。しかし、本人は長身が故に何事につけ不自由するので性格も塞ぎ勝ちであり、芝居等の人混みを嫌った。

1773年(安永2年)に後桜町天皇から召されて関白殿上人らの居並ぶ中で拝謁して土俵入りを披露し、褒美として天皇の冠に附ける緒2本が与えられた。それは聞いた主君の出羽守(松平治郷)から召されて、2本の緒を目にした出羽守は驚き喜び、側近に申し付けて小さな神棚を設けて緒を祀った。彼が没した時に神棚が激しい音を立てて揺れたので、出羽守は気味悪く思って出雲大社に奉納したと伝わっている。

主な成績(江戸)[編集]

  • 初土俵:明和7年11月場所 大関付け出し(看板大関
  • 新入幕:明和7年11月場所 大関付け出し(看板大関)
  • 通算成績:23勝3敗1分1預20休
  • 現役在位:6場所
  • 大関成績:12勝1敗1預2休
  • 大関在位:2場所
  • 優勝相当成績:3回(明和7年11月場所、明和8年3月場所、安永2年3月場所)
  • 最終場所:安永3年4月場所

関連項目[編集]

外部リンク[編集]