釈迦堂 (魚津市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 富山県 > 魚津市 > 釈迦堂 (魚津市)
釈迦堂
魚津駅(東口・釈迦堂側)
魚津駅(東口・釈迦堂側)
釈迦堂の位置(富山県内)
釈迦堂
釈迦堂
釈迦堂の位置
北緯36度49分31.64秒 東経137度24分23.53秒 / 北緯36.8254556度 東経137.4065361度 / 36.8254556; 137.4065361
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Toyama Prefecture.svg 富山県
市町村 Flag of Uozu Toyama.JPG 魚津市
地区 道下地区・村木地区
人口
2018年(平成30年)3月31日現在)[1]
 • 合計 217人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
937-0067[2]
市外局番 0765 (魚津MA)[3]
ナンバープレート 富山

釈迦堂(しゃかどう)は富山県魚津市の、旧新川郡下新川郡道下村時代から存在する地区であり、町名のひとつ。現在も道下地区の一部である。郵便番号は937-0067。

概要[編集]

魚津駅東口(釈迦堂)周辺には、ホテルや商業施設が立ち並ぶ

魚津駅の西口は本新町であるのに対して、東口は釈迦堂一丁目である。地理的には市の中央に存在する。市役所やホテル、飲食店などが多く、魚津市の玄関口としての役割を果たしている。

一丁目とは別に、飛び地としての釈迦堂も存在し、そちらには魚津埋没林博物館が設置されている。

歴史[編集]

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
釈迦堂一丁目 93世帯 217人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]

丁目 番・番地等 小学校 中学校
釈迦堂一丁目 全域 魚津市立道下小学校 魚津市立東部中学校

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 大字別人口統計表”. 魚津市 (2018年4月3日). 2018年4月17日閲覧。
  2. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2018年4月17日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年4月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e 角川日本地名大辞典 16 富山県(昭和54年10月8日、角川書店発行)429ページ
  5. ^ a b 角川日本地名大辞典 16 富山県(昭和54年10月8日、角川書店発行)829ページ
  6. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 2』 JTB、1998年
  7. ^ 富山地方鉄道五十年史(昭和58年3月28日発行)876ページ
  8. ^ 魚津市史 続巻 現代編(魚津市教育委員会 2012年(平成24年)3月31日発行)139~140ページ
  9. ^ 角川日本地名大辞典 16 富山県(昭和54年10月8日、角川書店発行)986ページ
  10. ^ 就学指定校と指定校の変更 - 魚津市立小中学校通学区域”. 魚津市 (2016年3月9日). 2018年4月17日閲覧。