醤油餅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

醤油餅(しょうゆもち)とは、米粉醤油砂糖を入れて練り上げ、丸めて蒸した松山市郷土菓子。または、埼玉白あんを入れた菓子である。

特徴[編集]

醤油餅(松山市

ういろうに似ているが、醤油を入れるのが特徴。元禄の頃、ひな祭り桃の節句の時に松山城下の武家町家で米粉と醤油を原料にして餅を作りお雛様にお供えしたのが始まりとされている。後に五色の色づけした現在のあるような醤油餅が土産物としても売られるようになった。松山の各家庭で作られる郷土菓子であったが、現在では土産物となり、その店によって様々な色、形の醤油餅が売られている。その風味も一様ではなく、しょうがが一般的ではあるが、シナモンなど甘い風味のものや、そもそも醤油を入れずにういろうのようにしているものもある。

注釈・出典[編集]

外部リンク[編集]