醤油の実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

醤油の実(しょうゆのみ)は、長野県新潟県山形県鹿児島県郷土料理。しょうゆ豆とも呼ばれている。

料理の作り方[編集]

大豆白米大麦を用いて麹にし、生醤油で仕込み、もろみの状態で発酵熟成する。 かつて、各家庭では、掘り炬燵・豆炭炬燵のなかで保温して各家庭の味の醤油の実が作られていた。

麹の量により、甘味の強いものから、塩味の強いものまで味にはバリエーションがある。

現在では酒屋土産物として道の駅売店・土産物店で売られている。

発酵食品のため、常温以上では発酵が進み袋の中で劣化・膨張・破裂することもあり、 秋~冬~春の滋養食物として重宝されている。

関連項目[編集]