酪酸菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

酪酸菌(らくさんきん、Butyrate-producing bacteria)は、酪酸を産生する細菌をいう。代表的な細菌としてクロストリジウム・ブチリカムClostridium butyricum Prazmowski 1880)が掲げられる。動物の腸内にはもともと存在するである[1]

概要[編集]

酪酸を生成するクロストリジウム・ブチリカムは、偏性嫌気性芽胞形成グラム陽性桿菌である。クロストリジウム・ブチリカムはクロストリジウム属タイプ種でもある。芽胞の形で環境中に広く存在しているが、特に動物の消化管内常在菌として知られている。日本では宮入菌と呼ばれる株が有用菌株として著名であり、芽胞を製剤化して整腸剤として用いられている[2]。その一方で醸造食品の劣化の原因になり、また天然にはE型ボツリヌス毒素を産生する株があり、稀ではあるが食中毒の原因ともなる。なおクロストリジウム属および近縁の細菌には酪酸を生成するものが数多く知られている。

クロストリジウム属以外の酪酸を産生する細菌は、ユーバクテリウムButyrivibrio属、フソバクテリウムなどがある[3]

大腸がんとの関連[編集]

腸内細菌が産生した酪酸が、ヒストンのアセチル化を促進し、p21遺伝子を刺激し、細胞サイクルをG1期で留めるタンパク質であるp21が大腸がんG1期に留め置き大腸がんを抑制することが指摘されている[4][5]。酪酸生成能が高いButyrivibrio fibrisolvensをマウスに投与したところ、酪酸生成量が増加し、発癌物質で誘発した大腸前癌病変の形成が抑制され、大腸がんを予防、抑制する可能性が指摘されている[6]

酪酸菌を含む医薬品[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 医師が教える処方薬の全て - ミヤBM錠・細粒の効果と副作用【整腸剤】
  2. ^ Seki, H.; Shiohara, M.; Matsumura, T.; Miyagawa, N.; Tanaka, M.; Komiyama, A.; Kurata, S. (February 2003). “Prevention of antibiotic-associated diarrhea in children by Clostridium butyricum MIYAIRI”. Pediatrics International 45 (1): 86–90. doi:10.1046/j.1442-200x.2003.01671.x. PMID 12654076. 
  3. ^ 浅沼 成人, 日野 常男 「イヌの腸管内の酪酸生成菌」『ペット栄養学会誌』Vol. 6 (2003) No. 2 p. 57-63
  4. ^ 生田哲 『バクテリアのはなし』 p188、日本実業出版、1999年2月25日、ISBN4-534-02902-0
  5. ^ S.Y. Archer, et al., "P21 is required for butyrate-mediated growth inhibition of human colon cancer cells" Proc.Natl.Acad. Sci. USA vol.95 6791-6796 (1998)
  6. ^ 大河原壮ほか 「酪酸生成菌Butyrivibrio fibrisolvensの経口投与による実験的大腸癌形成の抑制」 『ペット栄養学会誌』Vol. 8 (2005) No. Supplement p. 25-26