酒巻匡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酒巻 匡(さかまき ただし、1957年9月29日 - )は、日本の法学者早稲田大学 大学院法務研究科教授。専門は刑事訴訟法神奈川県横浜市出身。

略歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『刑事証拠開示の研究』(弘文堂,1988年)
  • 『刑事訴訟法』(有斐閣, 2015年)

共著[編集]

  • 三井誠)『入門刑事手続法』(有斐閣,初版1995年、改訂版1998年、第3版2001年、第4版2006年、第5版2010年)
  • 市川正人山本和彦)『現代の裁判』(有斐閣,初版1998年、第2版2001年、第2版補訂版2003年、第3版2004年、第4版2005年、第5版2008年)
  • (山本和彦)『裁判の法と手続』(放送大学教育振興会,初版2004年、改訂版2008年)
  • 長沼範良田中開佐藤隆之大澤裕)『演習刑事訴訟法』(有斐閣,2005年)
  • 井上正仁・長沼範良・大澤裕・川出敏裕堀江慎司)『ケースブック刑事訴訟法』(有斐閣,初版2004年、第2版2006年)
  • (井上正仁・大澤裕・川出敏裕・堀江慎司)『ケースブック刑事訴訟法〔第3版〕』(有斐閣,2009年)

編著[編集]

  • 『刑事証拠開示の理論と実務』(判例タイムズ社,2009年)
  • (井上正仁)『三井誠先生古稀祝賀論文集』(有斐閣,2012年)