酒井忠義 (若狭国小浜藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
酒井忠義
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文化10年7月9日1813年8月4日
死没 明治6年(1873年12月5日
改名 与七郎、悠之丞(幼名)→忠義(初名)→忠禄
戒名 温良院殿
墓所 福井県小浜市小浜男山の空印寺
官位 従五位下、靱負佐、修理大夫従四位下、若狭守、侍従、従四位上、左近衛権少将、右京大夫
幕府 江戸幕府寺社奉行、京都所司代
若狭小浜藩主→小浜藩知事
氏族 雅楽頭酒井家
父母 父:酒井忠進、養父:酒井忠順
正室:盈子松平輝延の娘)
忠道(長男)、稜子(酒井忠氏正室)、久子(伊東祐帰継々室)、久宇(酒井忠美正室)
養子:忠氏

酒井 忠義(さかい ただあき)は、江戸時代後期から末期の大名若狭小浜藩の第12代、第14代藩主。小浜藩酒井家13代、15代。

生涯[編集]

第10代藩主酒井忠進の五男。幕末期の幕政に参与し、天保14年(1843年)から嘉永3年(1850年)の間と安政5年(1858年)から文久2年(1862年)の間、京都所司代を務めた。安政5年に将軍継嗣問題が起こると、南紀派を支持して一橋派を弾圧した。これが後の井伊直弼による安政の大獄の一因をなしたと言われている。また、和宮降嫁など公武合体にも尽力した。尊王攘夷派に恨まれ、寺田屋事件では標的にされている。

文久2年(1862年)に名を忠禄(ただとし)と改めるが、在職中の失政を問われて所司代を罷免、婿の忠氏に家督を譲り隠居謹慎に追い込まれた。明治元年(1868年)、忠氏が鳥羽・伏見の戦いに参戦して山陰道鎮撫軍に降伏すると、名代として上京・謝罪をするとともに、藩兵を新政府軍に派遣している。同年、佐幕的行動をとったとして謹慎処分を受けた忠氏の隠居を受け、藩主に返り咲いている。明治6年(1873年)、61歳で死去した。

年譜[編集]

※明治5年(1873年)までの日付は旧暦。

  • 文政11年(1828年
    • 8月11日、与七郎を称す。
    • 12月16日、従五位下靱負佐に叙任。
  • 天保5年(1834年
    • 2月5日、小浜藩酒井家の家督相続をし、藩主となる。
    • 3月13日、修理大夫に転任。
  • 天保11年(1840年
  • 天保13年(1842年)5月29日、幕府の奏者番となり、併せて寺社奉行を兼帯。
  • 天保14年(1843年)11月3日、京都所司代に異動し、侍従を兼任。
  • 嘉永3年(1850年
    • 7月28日、京都所司代は御役御免。江戸城中の席次は帝鑑間より溜間格となる。
    • 8月4日、若狭守から修理大夫に兼任替え。
  • 安政4年(1857年
    • 5月9日、江戸城中の席次は帝鑑間となる。
    • 6月7日、修理大夫から若狭守に兼任替え。
  • 安政5年(1858年)6月26日、京都所司代を復職。
  • 万延元年(1860年)12月3日、従四位上に昇叙し、左近衛権少将に遷任。若狭守の兼任如元。
  • 文久2年(1862年
    • 5月、諱を忠禄に改める。
    • 6月30日、京都所司代は御役御免。
    • 閏8月1日、隠居。
    • 9月10日、若狭守から右京大夫に兼任替え。
    • 11月20日、蟄居謹慎。
  • 明治元年(1868年)12月9日、小浜藩酒井家を再相続し、藩主となる。
  • 明治2年(1869年)6月18日、知藩事となる。
  • 明治3年(1870年)9月17日、鞠山藩との合併に際し、知藩事を罷む。
  • 明治6年(1873年)12月5日、卒去。

※参考資料:大日本近世史料「柳営補任」、「内閣文庫蔵・諸侯年表」東京堂出版、続日本史籍協会叢書「増補幕末明治重職補任 附諸藩一覧」東京大学出版会など。

関連項目[編集]