酒井忠利 (海軍軍人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
酒井 忠利
生誕 1857年6月3日
死没 (1943-02-08) 1943年2月8日(85歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1879年1906年
最終階級 海軍少将
除隊後 帝国水難救済会理事[1]
テンプレートを表示

酒井 忠利(さかい ただとし、安政4年5月12日1857年6月3日) - 昭和18年(1943年2月8日)は、日本の海軍軍人出羽庄内藩主・酒井左衛門尉家の一門で、米津政明の次男、酒井忠発の養子(三男)。伯爵酒井忠良の養大叔父[2]子爵米津政賢の叔父にあたる。備中松山藩主で、子爵・板倉勝定(勝貞)[3]陸軍大将西尾寿造は女婿。従四位勳三等功四級。最終階級は海軍少将

人物[編集]

艦長を務めた「吉野

1872年(明治5年)、海兵士官学校に入校。同校は海軍兵学校とは別個の存在で、明治初年のみに存在した海兵隊育成を企図した学校である。しかし在校中に廃校となり、すでに4年在校していた酒井は、3ヶ月の速成教育を受けて卒業。同じ履歴を有する者に武富邦鼎中野信陽がいる[4]。少尉補となった酒井は砲術や運用術を学ぶため海兵に通学し[5]、「金剛」乗組みを経て少尉に任じられた。日清戦争においては「橋立」副長として、艦長日高壮之丞を補佐して黄海海戦を戦った[6]。以後7艦で艦長を務める。1901年(明治34年)ロシア公使館武官に補され、3年あまり在任した。武官補佐官は広瀬武夫である。日露戦争中は軍令部出仕、佐世保海兵団長、元山防備隊司令官を務める。1905年(明治38年)9月に少将へ昇進し、翌年予備役編入となった。

年譜[編集]

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

出典[編集]

  1. ^ 『大衆人事録 東京篇』「酒井忠利」
  2. ^ 『大衆人事録 東京篇』「酒井忠利」、『大正人名事辞Ⅱ 下巻』「酒井忠良」
  3. ^ 『大衆人事録 東京篇』「板倉勝豪」、「酒井忠利」
  4. ^ 『海軍兵学校物語』p.30,p.235
  5. ^ 『履​入266 ​兵​学​校​よ​り​酒​井​少​尉​補​在​校​の​義​伺』
  6. ^ 『ロシヤにおける広瀬武夫』(下)p.150
  7. ^ 『官報』第2872号「叙任及辞令」1893年1月27日。
  8. ^ 『官報』第2887号「叙任及辞令」1893年2月16日。
  9. ^ 『官報』第7028号「叙任及辞令」1906年12月1日。
  10. ^ 『官報』第476号「彙報 - 陸海軍 - 後備役編入」大正3年3月3日。
  11. ^ 『官報』第1734号、大正7年5月16日。
  12. ^ 『官報』第183号「叙任」1884年2月12日。
  13. ^ 『官報』第1033号「叙任」1886年12月8日。
  14. ^ 『官報』第2541号「叙任及辞令」1891年12月17日。
  15. ^ 『官報』第4402号「叙任及辞令」1898年3月9日。
  16. ^ 『官報』第5937号「叙任及辞令」1903年4月21日。
  17. ^ 『官報』第7051号「叙任及辞令」1906年12月28日
  18. ^ 『官報』第1925号「叙任及辞令」1889年11月27日。
  19. ^ 『官報』第3430号「叙任及辞令」1894年12月3日
  20. ^ 『官報』第3676号「叙任及辞令」1895年9月28日
  21. ^ 『官報』第3838号・付録「辞令」1896年4月18日。
  22. ^ 『官報』第4754号「叙任及辞令」1899年5月10日。

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター「履​入266 ​兵​学​校​よ​り​酒​井​少​尉​補​在​校​の​義​伺」(ref:C0​9​1​0​0​1​1​2​4​0​0)
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』(10巻)第一法規出版
  • 鎌田芳朗 『海軍兵学校物語』 原書房、1979年
  • 島田謹二 『ロシヤにおける広瀬武夫(上)』 朝日選書、1976年
  • 島田謹二 『ロシヤにおける広瀬武夫(下)』 朝日選書、1976年
  • 外山操編 『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』 芙蓉書房出版、1981年ISBN 4-8295-0003-4
  • 帝国秘密探偵社 『大衆人事録 東京篇』、1939年
  • 『大正人名辞典Ⅱ下巻』 東京図書センター。

大名家出身の海軍将官[編集]