酒井峰冶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

酒井 峰治(さかい みねじ、嘉永5年(1852年) - 昭和7年(1932年2月25日)は、白虎隊士。家紋は「剣片喰」。

明治維新後は若松市内で精米業を営んだが、1905年明治38年)、北海道に移り旭川市で再び精米業を営んだ。彼が生きている間は彼が白虎隊士であったなど知られていなかった。しかし1993年平成5年)に酒井家の仏壇の中から峰治が明治時代に書き記した『戊辰戦争実歴談』が発見されたため有名になった。