酒井チエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酒井チエ(さかい ちえ、1946年8月29日- )は、日本の詩人・作詞家。

略歴[編集]

本名・酒井千枝。普連土学園高等学校在学中から雑誌に詩やショートストーリーを連載。1969年多摩美術大学デザイン科卒。原田治とは多摩美術大学グラフィックデザイン科の同期生[1]。ファッション誌、ティーン誌、PR誌などの仕事の他に、CMソングやレコードの作詞も手がける[2]小柳ルミ子夏に萌えて」、クニ河内「苺の花嫁さん」(みんなのうた)、竹下景子「弟」などを作詞した。

著書[編集]

詩集[編集]

  • 『優しい約束』(新書館、1971年)
  • 『美しい時間』(新書館、1973年)
  • 『ひとりぼっちで頬杖ついて』林静一・絵(新書館、1975年)
  • 『いつもあなたを』わたべあけみ・絵(サンリオ、1977年)
  • 『ね、愛してる?』林静一・絵(サンリオ、1977年)

翻訳[編集]

  • 『アーニー 少年時代のヘミングウェイ』M.H.ミラー・著(新書館、1979年)
  • 『オサムズマザーグース』原田治・絵(勁文社、2001年)
  • 『OSAMU'S MOTHER GOOSE』(復刻版)原田治・絵(復刊ドットコム、2018年)

作詞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002
  2. ^ 『オサムズマザーグース』著者紹介