酒さ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
酒さ
Acne rosacea.jpg
分類および外部参照情報
発音 しゅさ
ICD-10 L71
ICD-9-CM 695.3
DiseasesDB 96
MedlinePlus 000879
eMedicine derm/377
MeSH D012393

酒さ(酒皶、しゅさ、Rosacea)とは、に生じる皮膚疾患のひとつ。酒焼け[1]とも呼ばれる。

症状[編集]

顔がほてり、血管炎症を起こし、真っ赤になるように見える。脂腺汗腺の疾患とされている。浮腫を伴うこともある。

原因[編集]

詳細な原因は不明。

診断[編集]

担当は皮膚科である。 診断は発疹の典型的な外観に基づいて下され、特別な検査法はない[2]。最初に症状が現れたときの年齢(典型的には30~50歳)と、黒色面疱や白色面疱がみられないことが、にきびとの区別に役立つ[2]

治療[編集]

ドキシサイクリン 40 mg の有効性が高品質なエビデンスとして示されている。ミノサイクリン 45 mg が 丘疹膿疱性酒さ に有効であると低品質なエビデンスが示している。低用量イソトレチノインはドキシサイクリン 50-100 mg よりも僅かに効果的であると高品質なエビデンスが示している[3]ブリモニジンの塗布薬も治療薬として使用される(日本では未承認)。

その他[編集]

写真家を非難するジョン・モルガン。彼は酒さによる醜い鼻のため写真を撮られるのを嫌っていた

病院で酒さの診断を受けた患者における認知症ハザード比は 1.42 (95%CI=1.17-1.72) で、アルツハイマー型認知症のハザード比は 1.92 (95%CI=1.44-2.58) と報告されている。酒さは、認知症(特にアルツハイマー型)と有意に関連している[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]